« 乾杯条例 | トップページ | 小規模企業共済のまやかし »

2013年7月23日 (火)

海上保安庁長官

 参院選挙も終わり、街は静かになりました。予想通り自民党が圧勝しましたが、その要因は自民党が他の党よりも良いというわけではなく、野党のだらしなさの故でしょう。特に民主党の情けなさは目を覆いたくなります。わが群馬選挙区は自民党の山本一太に対して、わずか35歳のおねえちゃんを候補としました。候補とするのに群馬県支部は三顧の礼を持って迎えたということですが、どう考えても太刀打ちできるわけがないではないですか。他の野党候補も推して知るべしです。あまりの情けなさに、投票箱を蹴飛ばしたくなりました。民主党は敗北主義に落ちいらず、もっと本気で選挙に臨んでほしいですね。

 選挙のことは置いといて、標題のことに関しては、先週18日(木)の報道です。海上保安庁の長官に、初めて海上保安大学卒の現場出身者をあてるということです。今までは、国土交通省のキャリア官僚が就いていたそうです。へ~、知らなかったですね。もっとも、自衛隊のトップは名目上政治家ですから不思議はないのでしょうがね。同じ警察機構である警察庁長官は、警察官が就くことになっています。これは警察法第34条で決められているとか・・・。海上保安庁は、海の救難や警察業務を行っています。国土交通省の外局の位置づけです。警察庁は、国家公安員会の外局とされています。だとすると、海上保安庁も国家公安委員会に属するのが本当ではないでしょうかね。準軍事組織であり、警察機構でもある海上保安庁が国土交通省の所管であるということは不思議な気がします。もっとも、いざというときは自衛隊の指揮下に入るそうですが・・・。

トウヒの実(2013年7月13日 四阿山) マツ科のトウヒやツガ・シラビソなどは、ちょっと見ただけでは見分けがつきません。慣れれば、木の幹・葉の形状・実などによって見分けはつくのでしょうが、迷うこともあります。ツガやシラビソは、その林に入ると独特の匂いがして、高い山に来た~という気になります。

130713

« 乾杯条例 | トップページ | 小規模企業共済のまやかし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海上保安庁長官:

« 乾杯条例 | トップページ | 小規模企業共済のまやかし »