« 政党のキャッチコピー | トップページ | 海上保安庁長官 »

2013年7月16日 (火)

乾杯条例

 無粋なことをするものです。日経新聞の7月13日夕刊一面に、でかでかと「清酒で乾杯」の条例のことが載っていました。今年の1月15日から、京都市が「清酒の普及の促進に関する条例」を施行しました。京都市の条例制定の趣旨は「市民にとって身近である清酒の普及を促進するため」ということのようで、「日本文化への理解及び伝統産業の普及促進」も目的としています。趣旨は分かるのですが、それは条例に定めることですか。条例は法律ですよ。罰則こそありませんが、何でそこまでしなければならないのか、のんべいの私でさえ理解に苦しみます。条例はたったの4条しかありませんが、第4条は「市民は、本市及び事業者が行う清酒の普及に関する取り組みに協力するよう努めるものとする」としてあります。法の条文でここまで書いたら、それは義務と同じですよ。手が後ろに回ることはありませんが、余計なお世話というものです。

 ところが、同じようなことをする自治体があるもので、7月までで全国では8自治体に及んでいます。もっと増えるのでしょうね。市レベルどころか、佐賀県まで同様の条例を定めているということです。私も日本酒は好きです。私の息子が新潟市に住んでいて、年2回ほど越乃寒梅を送ってくれます。まあ、嫁の差し金でしょうが、いい嫁・いい息子を持ったものです。おかげで酒に不自由することはありません。暑い盛りの今は日本酒よりも自分で作った果実酒をソーダ割りで飲むことが多いのですが、たまに越乃寒梅に氷を浮かべて飲みます。そんな私でも、この条例には大いなる違和感を感じます。

カモシカ(2013年7月13日 上信国境・四阿山)登山道のすぐ脇のニッコウキスゲ゙の花畑の中に、カモシカが寝そべっていました。登山道から20mほどのところですが、逃げもせずに私を観察しています。人に慣れているようです。

130713_2



« 政党のキャッチコピー | トップページ | 海上保安庁長官 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508313/57801982

この記事へのトラックバック一覧です: 乾杯条例:

« 政党のキャッチコピー | トップページ | 海上保安庁長官 »