« 富士山雑感 | トップページ | 乾杯条例 »

2013年7月10日 (水)

政党のキャッチコピー

 先週参議院議員選挙の候補者が締め切られ、選挙本番となりました。わが社が入る建物は国道17号(中山道)に面していますが、日中あまり騒々しくはありません。各政党とも真剣に取り組んではいるのでしょうが、どうも熱気は伝わっては来ませんね。先日、新聞紙上に各政党の選挙向けのキャッチコピーが載っていました。「自民」と「みんな」は昨年の衆院選挙と同じで、使いまわしをしています。「自民」は「日本を取り戻す」で、安倍総理の街頭演説では、キャッチコピーの前に「強い」が入っています。つまり「強い日本を取り戻す」ということのようです。それと対局にあるのが「社民」の「強い国よりやさしい社会」です。でも、社民党は本気でこんなことを考えているのでしょうかね。昔、映画かテレビのある番組のキャッチコピーに「強くなければ優しくなれない」というようなのがあったような気がします。

 弱い国が優しい社会を作れるのでしょうか。経済力もない国が社会保障を充実できるのでしょうか。理想と現実のギャップを理解できないのが社民党です。優しさだけで国・社会が維持できればこんないいことはないでしょう。でも、そんな国はとうの昔に消え去って、他国に支配されているでしょう。昔から社会党は「非武装中立」を党是にしていました。それと同じことを言葉を柔らかくして言っているようなものです。一時政権を取った時に社会党は現実路線に舵を切ったのですが、現在は規模ははるかに弱小になりましたが、社会党に戻ってしまったようです。福島の舌足らずなたわごとを聞いていると、頭が痛くなります。

ヒナザクラ(2013年7月5日 秋田県森吉山) 一日休みを取り、毎年恒例の東北の山に出かけました。東北も例年この時期は雨で、今年もかなりの雨の中を登らざるを得ませんでした。ヒナザクラは青森から福島にかけての高山に咲く、白いサクラソウの仲間です。

20

« 富士山雑感 | トップページ | 乾杯条例 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政党のキャッチコピー:

« 富士山雑感 | トップページ | 乾杯条例 »