« 高市早苗の妄言 | トップページ | 富士山雑感 »

2013年6月24日 (月)

浅間山(3)

 先週の土曜日から、富士山のユネスコ世界遺産登録で、地元の人は舞い上がっているようです。これで世界から富士山を見に来る人が増えるのでしょう。登る人も増えるのでしょうね。30万人が何人になるのでしょうか。バカ騒ぎを横目で見ながら、浅間山の話を続けます。先々回は剣ヶ峰の頂上まででした。頂上は2281mで、浅間山(正確には前掛山)が目の前です。前掛山の頂上には、沢山の人がゴマ粒ほどの大きさで見えます。黒斑山からJバンドにかけての外輪山も良く見えます。よく晴れた日は、富士山や八ヶ岳・アルプスも見えます。頂上は5~6人も座れるかと云うほど狭いのですが、ありがたいことに誰もいません。幸せを独り占めと云うところでしょう。

 さて、下りは南西に延びる尾根の道なき道をまっすぐに降ります。この尾根はヒサシゴーロ尾根と呼ばれています。しばらくは、ところどころに樹林帯があるガレ場を下ります。高山植物は種類は少ないのですが、クロマメノキ・ツガザクラがきわめて豊富です。少ないながらイワヒゲなどのめずらしいものもあります。ところどころにテープがあるのですが、慣れない人は、この尾根を下るのは止めておいた方がよいでしょう。かなりの急こう配が下まで続きます。標高1900m以下になると、樹林帯に入ります。ブヨとアブに悩まされます。テープを目印に何とか、登山道の一の鳥居の下あたりに出ることができます。ここから浅間山荘までは20分くらいです。飛ばせば、山頂からは2時間ほどで下れます。私のお気に入りのコースです。

イワヒゲ(2013年6月8日 浅間・剣ヶ峰) 浅間山系では、剣ヶ峰のほかに外輪山の仙人岳からJバンドの間でも見ることができます。これでも草ではなく木なのです。編み上げたような葉をヒゲに見立てています。

130608

« 高市早苗の妄言 | トップページ | 富士山雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅間山(3):

« 高市早苗の妄言 | トップページ | 富士山雑感 »