« 地域ブランド力 | トップページ | 標準時の変更案 »

2013年5月15日 (水)

個人的見解

 政治家の個人的見解がマスコミをにぎわしています。野党とはいえ公党の党首や与党自民党の政調会長が個人的な見解として、旧日本及び日本軍の所業を正当化したような発言です。連日新聞紙上等に取り上げられているので、ここでは細かいことは述べませんし、発言の是非についても述べないことにします。私が問題にしたいのは、どちらも自分の発言を「個人的見解」としていることです。では、その人は公的な発言はどのようになるのでしょうか。例えば自民党の高市は日本軍の東南アジア等への進出を「侵略ではない」ような個人的見解を述べていますが、それが個人的見解であれば自民党の政調会長としての発言はどのようになるのでしょうか。

 同じことは維新の橋下にも云えます。ツイッターで個人的見解として連日発信しているのは、橋下個人でしょうか、大阪市長でしょうか、それとも日本維新の会共同代表でしょうか。もし個人であれば、日本維新の会共同代表としての公式見解を聞きたいものです。高市にしろ橋下にしろ、公式見解が個人的見解と違っているのならば、それは国民・市民に対してうそを言っていることになります。そういうのを「二枚舌」と云うのです。ですから、私は自分の発言を「個人的見解」と言い訳する奴を信用しないことにしています。

リュウキンカ(2013年4月29日 前橋市嶺公園) 前橋市の赤城山麓(標高300m程度)に、墓地と一体となった大きな自然公園があります。その一角にミズバショウやリュウキンカが植えられていて、3月下旬から花を咲かせます。訪れたのは4月29日で、すでにミズバショウはほとんど咲き終わっていたのですが、いくつかの咲き残りがありました。写真のリュウキンカもその一株です。

130429

« 地域ブランド力 | トップページ | 標準時の変更案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個人的見解:

« 地域ブランド力 | トップページ | 標準時の変更案 »