« 富士山の世界遺産登録 | トップページ | 個人的見解 »

2013年5月 8日 (水)

地域ブランド力

 5月6日の日経新聞に、日経リサーチが昨年に実施した地域ブランド力調査結果が載っていました。この調査は2年ごとに行われているようです。前回は2010年に行われ、わが群馬県は47位でした。つまり最下位です。2010年の結果については、このブログの2011年2月14日の欄で述べています。さて今回はどうなったかと云いますと、46位に上がっていました。ご同慶の至りです。まあ群馬ですからね、10位以内などと云うことはあり得ません。1位の北海道、2位の京都、3位の沖縄と比べるなどと云うことはおこがましすぎますから・・・。昨年46位だった島根県は何と35位に上がっていました。自虐的なギャグ「島根県は鳥取県の左側」とか「世界遺産(石見銀山)があると云っても信じてもらえない」とかが功を奏したと云うことです。

 まあ、群馬県のブービーはいいとして、最下位は茨城県、45位は栃木県と、関東北部の県が最下位グループを形成しています。埼玉県でさえ43位です。ちなみに44位は福井県です。関東で10位以内に入っているのは神奈川(6位)と東京(4位)だけです。関東北部の3県よ、情けないと思いませんか。まあ、埼玉などは昔は「ださいたま」などと云っていましたからね。茨城県でのトップブランドはなんでしょうかね。水戸光圀でしょうか。群馬では草津温泉当たりでしょうか。それにしても情けないと思いますが、ブランド力が向上して観光客が押し掛けるのも嫌ですし、こんなもんで妥協しておくのが無難でしょうか。むかし、「なぜか埼玉、海がない」と云う歌があったことを思い出しました。歌ったのは「さいたまんぞう」と云う人でしたかね。

アカヤシオ(2013年5月6日 南牧村大岩) この時期定番のアカヤシオです。しかし、今年のアカヤシオは大外れで、木があっても花をつけているものが極端に少ないのです。地元の人の云うところでは、昨年の夏が暑すぎてつぼみが育たなかったということです。

130506

« 富士山の世界遺産登録 | トップページ | 個人的見解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地域ブランド力:

« 富士山の世界遺産登録 | トップページ | 個人的見解 »