« 母のこと(2) | トップページ | 1票の格差 »

2013年3月 4日 (月)

北の国の習い

 1日から2日にかけて、北国は大荒れでした。関東地方は春一番でしたが、北海道では風速30mを超える台風並みの嵐で、痛ましい事故の報道が相次ぎました。秋田では、新幹線が雪のため脱線しています。新幹線の脱線は、かつての中越地震以来の2回目だそうです。北海道の東部では、猛吹雪のため車に閉じ込められたり、救助を求めて外に出た人たちの悲報が相次いでいます。湧別では、農場の倉庫の前で小学生の娘を抱き抱えるようにして亡くなっていた53歳の父親がいました。吹雪で車が動けなくなり、500mほど離れた自宅に向かったのでしょう。わずか300mほど進んだところにある倉庫の前でした。幸い9歳の娘さんは無事でしたが、あと200m歩ければ、あるいは、その倉庫の扉が開けば、と考えるのは私だけではないでしょう。

 私は北海道に16年間住んでいました。出張で北海道中を回りましたので、何回かは猛吹雪にあっています。視界不良で、車の運転ができなくなるようなときもありました。わずかに視界がある場合は、できるだけ大型トラックやダンプカーの後を走りました。私たちはライトバンで視野が低いのですが、トラックは運転席が高いため地吹雪に強いのです。中島みゆきが出したアルバム「夜を往け(1990年、18枚目)」の中に「北の国の習い」という曲があります。その中の歌詞、「吹雪の夜に白い山を越えてみようよ あなたの自慢の洒落た車で 凍るカーブは鏡のように 気取り忘れた顔をを映し出す 立往生の吹きだまりに凍って死ぬかい それとも排気ガスで眠って死ぬかい」。現地の人も、こんな猛吹雪は生まれて初めてと云っているそうです。

スノードロップ(2013年3月3日 自宅の庭で) 我が家の庭で最初に咲く草花はこの花です。日が当らないとつぼ型なのですが、日が当たると花びらを大きく広げます。2月中旬に咲き始めます。

1303031  

« 母のこと(2) | トップページ | 1票の格差 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北の国の習い:

« 母のこと(2) | トップページ | 1票の格差 »