« 母のこと(3) | トップページ | 尾瀬の鹿 »

2013年3月29日 (金)

日本の人口

 3月27日に厚生労働省が発表した資料によると、2020年以降すべての都道府県で人口が減り続け、2040年には65歳以上の高齢者が人口の36%にまでなると云うことです。驚くにはあたらないことで、総務省統計局の資料では、日本の人口は2008年にピーク(12800万人)となり、以後減少に転じています。新聞に載った厚生労働省の発表は、人口の増減だけで人口の記載はありません。総務省の資料だと、2011年の人口は127800万人です。これが、2020年には12410万人、2030年には11660万人、2055年には1億人を割り込み、9190万人と予想しています。100年後には現在の半分以下の5000万人となるでしょう。65歳以上の高年齢者は2065年には40%に達し、以後100年後まで40%以上をキープする模様です。

 日本の人口は、弥生時代の西暦元年頃は6万人ほどで、鎌倉時代は600万人、関ヶ原の合戦の頃は1200万人、徳川時代となり戦がやむと人口は増え江戸中期で3000万人、明治まではあまり増えず、明治以後再度急激に増加に転じたと云う資料もあります。1920年(大正9年)には5600万人、敗戦時の1945年(昭和20年)は7210万人で、70年安保の頃1億人を超えました。100年後には大正年代にまで人口が減るわけです。大正9年の5600万人に対し、高齢者の割合はわずかに5%でしたから、100年後の異常さが分かります。今年から、私も高齢者の仲間入りをし非生産年齢となり年金受給者となるわけですが、年金をもらっていいのだろうかと思います。できるだけ畑を耕し、山の恵みをいただき、自給自足に近い生活をしたいものです。

シュンラン(2013年3月21日 自宅の庭で) これも春定番の花です。山菜として花を食べる人もいますが、私は見るだけです。

130321

« 母のこと(3) | トップページ | 尾瀬の鹿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の人口:

« 母のこと(3) | トップページ | 尾瀬の鹿 »