« 雪の日の酷電 | トップページ | 大津市いじめ防止条例 »

2013年2月15日 (金)

北朝鮮と中国の核実験

 2月12日に北朝鮮が地下核実験を行ったことで、アメリカ・韓国・日本の抗議はもとより、はじめて中国が北朝鮮大使を呼びつけて抗議しました。本気の抗議かどうかはわかりませんが、ポーズとしても初めてのことでしょう。巷では中国が北朝鮮に対して制裁に動くのでは、と期待する声もあるようですが、そんなことはないでしょう。朝鮮戦争以来、60年間も無二の同盟国であった北朝鮮を痛めつけるなどということが、中国にできるはずがありません。制裁するにしても、北朝鮮指導部にはあまり痛くない程度のジャブでしかないでしょう。北朝鮮は、中国にとって韓国・アメリカ・日本と云う国との間の緩衝地帯なのです。その中国が本気で北朝鮮を制裁するはずがありません。

 面白い記事が、今朝の毎日新聞に載っていました。北朝鮮が中国をなめているのは、中国が初めて核実験を行ったときに支持したのは世界で北朝鮮だけだったからと云うことです。北朝鮮の指導部は、その恩を忘れるはずがないと思っていると云うことでしょうね。中国は1964年に新疆ウイグル自治区で初めての核実験を行いました。それ以後50回もの核実験を実施しています。そんな中国を支持してきたわが国を中国は裏切れるはずはないと、金正恩は考えているのかもしれませんね。今後の中国の動きが注目されます。

スズメ(2013年1月13日 自宅の庭で) この頃我が国ではスズメが大幅に減少していると云うことです。スズメの生息場所やえさがなくなってきているのでしょう。私は高崎に引っ越してすぐに、家の居間の前のツバキの木に写真のようなえさ台を作って、毎朝お米や買ってきた小鳥のえさをあげています。慣れてくると、朝にはチュンチュン鳴いて餌をねだるようになりました。

130113

« 雪の日の酷電 | トップページ | 大津市いじめ防止条例 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮と中国の核実験:

« 雪の日の酷電 | トップページ | 大津市いじめ防止条例 »