« MDのこと | トップページ | 北朝鮮と中国の核実験 »

2013年2月 6日 (水)

雪の日の酷電

 今日会社にたどり着いたのは10時半でした。いつもなら6時半に家を出て、8時20分ごろに着きます。今日は何と4時間かかったことになります。昨日からの雪の予報で、JRは昨日のうちに首都圏の電車を7割程度に間引くことに決めていました。朝起きてテレビの速報で間引き運転されていると報道されてはいましたが、高をくくって高崎の家を出たのですが・・・。信越線・新幹線は時間どおりでした。大宮駅で埼京線に乗り換えたところ、しばらく運行中止のアナウンスです。仕方がないので高崎線に乗り換えてとりあえず赤羽駅を目指しました。ところが、川口駅を過ぎたころ、「上野駅が人で混雑しており、安全のため混雑の状況を見ながらの運転となります」とアナウンスがあり、止まってしまいました。ややしばらくして動きだし赤羽駅でいったん下りたのですが、ホーム・コンコースとも身動きできないありさまで、京浜東北線で田端へ行き、田端・巣鴨・西巣鴨経由で出社することにしました。しかし、京浜東北線も停止し、同じように山手線も止まってしまい、にっちもさっちもいきませんでした。秋葉原駅の人身事故だそうです。

 この大混乱の原因は、雪を見越してJRが運行本数を大幅に減らしたことにあります。雪が降っても、サラリーマンは出社します。休める人などいないでしょう。それなのに7割の運行です。混雑するのが当たり前でしょう。本数を7割に減らして、通勤者数が変わらないとどうなるのかというようなシミュレーションをJRはしなかったのでしょうか。本数を減らすなとは言いません。ただし、ダイヤの混乱を避けるために本数を減らしたなどということは避けてください。本数を減らしたならばどのような混乱が生じるかも承知して、その対策を立てたうえで減らすべきでしょう。JRの対応はあまりにもお粗末すぎました。

ロウバイ(2013年2月2日 下仁田町) この時期に咲いている花は、ロウバイとサザンカくらいでしょう。あと2週間もするとウメが咲き始めます。野の草花も咲きます。雪が降っても、春は確実に近づいています。

130202


« MDのこと | トップページ | 北朝鮮と中国の核実験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508313/56708553

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の日の酷電:

« MDのこと | トップページ | 北朝鮮と中国の核実験 »