« アルジェリア | トップページ | MDのこと »

2013年1月30日 (水)

土壌汚染調査技術管理者試験

 18日からずいぶんブログの更新をしませんでした。すみません。この間、表題の試験問題を解いたり、解説したりするのに時間がかかっていました。また、私事ではありますが母が座骨を骨折し、立ち上がれなくなったための面倒や、病院への付き添いなどで時間をとられていました。技術管理者試験は、自己採点の結果80問中53問正解で、なんとか合格点ではありますが過去2回に比べるとだいぶ点数が下がりました。1回目は58問、2回目は59問正解でした。合格ラインは52問ですからギリギリです。合格率は10.2%で、確か昨年と同じようなものでしょう。10人中9人は落ちているわけですから、難関と云えます。指定調査機関にとっては、この試験の合格者がいないと3月末で登録が取り消されますから、切実な問題でしょうね。

 今回の試験では、我慢ならないほどの間違いのある問題はありませんでしたから、昨年よりも出題者・作問者は進歩したといえるでしょう。ただし、日本語に関してはあまり上達したとは云えないものも見受けられます。設問で、選択肢から「誤っているもの」、「正しいもの」、「適当なもの」、「もっとも適当なもの」、「もっとも不適当なもの」を選べと記しています。「正しい」と「適当」はどこが違うのか、「もっとも」は日本語では比較する言葉であり、もっとも適当なもののほかに適当なものがあるのでしょうか。これらのあいまいな表現は受験者を惑わすだけでしょう。もっと明快な日本語を使うことができないのでしょうかね。そのほかにもあるのですが、このくらいにしておきましょう。

パラグライダーの離陸(2013年1月12日 榛名・種山) 年が明けて寒い日が続いたのですが、暖かな日差しに誘われて榛名山の外輪山に行ってきました。この山は中腹にパラグライダーの離陸場所があって、気持ち良さそうに空に飛び出していました。もっとも私にはできませんが・・・。

130112

« アルジェリア | トップページ | MDのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土壌汚染調査技術管理者試験:

« アルジェリア | トップページ | MDのこと »