« 検察の傲慢さ | トップページ | 真紀子がんばれ »

2012年11月 5日 (月)

大飯原発の活断層騒ぎ

 関西電力大飯原発の敷地内を走る地層の食い違いが、活断層かどうかで揉めに揉めています。これが活断層であれば、活断層を横切って敷設している冷却水用の配管に致命的なダメージを与えるので、直ちに原発を停止すべきだと云う意見があるようです。問題は二つです。一つは、地層の食い違いが地すべりによるものなのか、断層によるものなのかで、断層であれば活断層なのか古い断層なのかということです。また、もうひとつは、配管の損傷ということでしょう。昨日のTVニュースで、東洋大とかの先生が、「活断層であることは間違いないので、くだらん議論をせずにすぐに原発を止めるべき」のような発言をしていました。まるで今日にでも断層が動くような妄言ですね。まあ、学者なんてこんなものでしょう。一面的なものの見方で物事を論議するという、出来の悪さをさらけ出しています。活断層の定義すらままならないのに、すぐにでも活断層が動き大地震が起こるような発言は、人々を不安に陥れるだけでしょう。

 最初にすべきことは、配管をやり直すことです。それと同時にきちんと調査をして、活断層かどうかの結論を出せばいいではないですか。学者ではなく、地すべりの経験が豊富な地質調査会社が調査すれば、すぐにわかるでしょう。配管の技術では、今は少々の食い違いであれば損傷を受けないような配管方法があります。まず、できることからやることが必要でしょう。今原発を止めたら、それこそ明日の電気に困るのです。それを無視して何千年・何万年に一度起こるかどうかという活断層が怖くてすぐに原発を止めろと云うのは、現実を無視した学者のたわごとでしょうね。そんなことを云うのだったら、火山の麓には住めませんよ・・・。

原三角点(2012年11月3日 下仁田町・白髪岩、1512m) 白髪岩には日本に3カ所(あとは雲取山と米山)しか残っていないと云う原三角点があります。国土の測量が陸軍に移管される前に、内務省が明治15年に設置したものということです。頂上近くの岩場から見る景色は、さすがに原三角点の山だけあって見事なものでした。

03

« 検察の傲慢さ | トップページ | 真紀子がんばれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大飯原発の活断層騒ぎ:

« 検察の傲慢さ | トップページ | 真紀子がんばれ »