« 山の話(2) | トップページ | 脱原発 »

2012年11月30日 (金)

ワンゲルのころの料理

 これも山の話ですが、同じ題名では面白くないので変えました。学生の頃のワンゲルでは、十数人でワンパーティなものですから、料理には大鍋が欠かせませんでした。その頃は横長のキスリングザックが主流でしたが、大鍋はさすがに中には入らず、ザックの外にくくりつけて登りました。かっこが悪いのでだいたいは新入生の役目でしたね。コンロはホエブスと云ってガソリンコンロです。それで毎日朝晩飯を炊き料理をこしらえました。もっとも多かったのはカレーです。山ではキジライス(意味はご想像ください)と呼んでいました。豚汁や闇鍋も多かったですね。肉はみそ漬けにして持って行きました。山の合宿は1~2週間ほどかかりましたので、食糧を運ぶのも大変でした。野菜も生のまま運んだのですよ。新入生ですとザックの重量は40kg程にはなりましたね。

 朝は、ご飯とみそ汁、漬物で、昼の握り飯の分もご飯を炊きます。まだ暗い時間に起きて飯を炊き、朝ごはんを食べて握り飯を握ります。朝日があたり始めるとテントをたたみ、装備を整えて出発です。十数人ですと6人用テントでは2~3張りになります。テントも新入生が担ぎますが、最後にたたむテントを背負いたがりました。少しでも日があたったほうが軽くなるのです。6~7時間歩き続け、昼は1時間休みです。この時、朝握った握り飯を食べるのですが、よく見ると握り飯の中に黒いものが点々とあります。ブヨが多かったですね。でも、皆文句も言わず「なあに、動物蛋白だよ」と云って食べたものでした。懐かしい思い出です。

紅葉の林(2012年11月24日 裏妙義) これだけ見事な紅葉の林の中を歩くのも珍しいことです。この紅葉もあと10日もすると皆散ってしまいます。

121124

« 山の話(2) | トップページ | 脱原発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワンゲルのころの料理:

« 山の話(2) | トップページ | 脱原発 »