« まとめて中国 | トップページ | 大飯原発の活断層騒ぎ »

2012年10月30日 (火)

検察の傲慢さ

 東電女性社員殺害事件の再審初公判が開かれ、検察側は無罪を要求しました。15年にわたって新聞・週刊紙上をにぎわした問題は、無期懲役から一転無罪となり終結を迎えそうです。殺された女性社員や無罪となるマイナリさんのことはともかく、理解できないのは検察の態度です。今まであれだけ不十分な証拠で有罪を主張していて、新しい証拠が出てきて無罪に追い込まれたにもかかわらず、「捜査や検察に誤りはなかった」と云い、「ミスがなかったのだから謝罪はしない」としています。捜査や検察の取り調べにミスがあったから無実の人を無期懲役にしてしまったのでしょうが・・・。ミスがなかったと云うのなら、ミスがなかったという証拠を出しなさいよ。

 ろくに調べもせず、最初の証拠で有罪とし、反証となる証拠を無視した結果が「無期懲役」でしょう。それが捜査ですか、それが検証ですか。検察の云う通り、最初の証拠の評価はしかたなかった(検察は適切と云っている)かもしれません。しかし、その証拠だけで他の証拠を検討しなかったことは青沼という検事が云う「1年半にわたり十分に検証した結果、捜査・公判には特段の問題はなかった」と云うコメントが嘘であることがはっきりとわかります。検察は結局役人と同じで責任を取りたくないし、検察ムラを守ろうとしているのでしょうね。こんな検察が我が国の司法の番人として存在していると思うと情けなくなります。

霧の中の紅葉(2012年10月27日 群馬県下仁田町・日暮山) この山はにっくらやまと読みます。読めませんよね。1200m程の山で、当日は朝から雨が降り、山は終日雲の中でガスがかかっていました。雲の中の紅葉は少々ぼんやりしていて柔らかい赤になっていました。

121027

« まとめて中国 | トップページ | 大飯原発の活断層騒ぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 検察の傲慢さ:

« まとめて中国 | トップページ | 大飯原発の活断層騒ぎ »