« 土壌汚染対策法ガイドライン(3) | トップページ | 中国-二流国家の証明- »

2012年9月11日 (火)

維新、維新と草木もなびく

 維新・維新と草木もなびく、維新居よいか住みよいか・・・、との歌が聞こえるようです。私のようなへそ曲がりは、どうもこの風潮に乗ることはできません。国政参加のために政党を作るといい、維新八策を出したと思ったら、これは公約ではなく綱領であるとのたまう。では、党首となる大阪市長や大阪府知事は国会議員を目指すのかというと、現職のままであるとも言います。結党は国を変えると云う目的なのに、国会議員になるつもりはないのですかねえ。状況は違いますが、むかし、ブームになった長野県知事がいましたが、それを思い出しました。国を変えたいと思うのなら、少なくとも立法府に属する国会議員を目指すべきでしょうに・・・。要するに、自分は関係ないところにいて、所属する国会議員をリモートコントロールすると云うことでしょうかね。

 それにしても、今日民主党の国会議員が維新に合流するために離党届を出しました。昨日の記者会見を垣間見たところ、冒頭に出したような歌の文句が頭に浮かびました。大阪市長は、多くの国会議員を面接し、ふるい分けています。いわば離党届を出した議員は、面接に合格して、上げ潮に見える波に乗ろうと云うことでしょうか。大阪市長にゴマをすって、転職をものにしたように見えるのは私だけでしょうかね。どちらにしてもこのブーム、3年は持たないでしょう。少なくとも最初の衆院選はともかく、2度目は惨敗することが見えるような気がします。

タムラソウ(2012年9月9日 浅間山)タムラソウはアザミによく似ていますが、トゲがありません。秋の山を彩る花です。

120909


« 土壌汚染対策法ガイドライン(3) | トップページ | 中国-二流国家の証明- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508313/55630872

この記事へのトラックバック一覧です: 維新、維新と草木もなびく:

« 土壌汚染対策法ガイドライン(3) | トップページ | 中国-二流国家の証明- »