« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月26日 (水)

焚書坑儒

 中国の北京市は、尖閣諸島の日本国有化に抗議して、日本関連の書物の販売を禁止したと云うことです。まあ、中国は焚書坑儒の本場ですからやりかねないでしょうね。焚書坑儒は秦の始皇帝の時代(何と紀元前です)に、「時の政府に批判的な本を全部燃やしてしまえ」と云うものです。批判した儒者を生き埋めにした(これが坑儒)というのですから、なんとも非文化的な政策ですね。同じようなことを2200年後に中国政府と一蓮托生の北京市がするのですから、これも空いた口がふさがりません。このような事例は、少なくとも民主国家には例がないことです。隣の韓国も、独立後しばらくの間日本の文化をシャットアウトしていましたから、似たような風土なのでしょう。

 ナチスドイツも似たようなことをしています。映画「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」でヒロイン?のナチスの手先であるエルザが、書物を燃やしている光景を見て涙を流すシーンがありました。中国に比べると、我が国・国民は自制力が高いといえます。中国政府に煽られた国民が日本大使館や店を襲っても、中国政府は「責任は日本にある」と云いながら、アメリカ大使の車が襲われたら直ちに謝罪するのですから、不思議な国ですね。それも「日本に責任がある」といえば筋が通ったでしょうに。ところで、アメリカのオバマ大統領が25日の国連演説で駐リビア大使殺害に関連して「我々は暴力と他者への不寛容さは国連にそぐわないと宣言する」と述べています。いい言葉ですね、中国も韓国も耳が痛いでしょう。

エゾリンドウ(2012年9月22日 御飯岳) 秋の定番の花です。栽培されたものは花屋さんで切り花として売られています。この花は日が差さないと開きません。

120922

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

果実酒作り

 昨年から果実酒作りに凝っています。昨年は、梅・シソ・コクワ(サルナシ)の3種類でしたが、今年に入って、梅・シソ・イチゴ・グレープフルーツ・リンゴ・イチジクを作りました。梅・コクワ・シソは熟成に半年以上かかりますが、だいたいの果物は3カ月程度で飲めるようになります。昨年の梅とシソはすでに飲みほしてしまっていて、先日コクワ酒を試飲しました。感じは梅酒に似ていて、コクがあります。漬けてからちょうど1年です。今年漬けたものでは、イチゴ酒が抜群です。ピンク色の酒で、ほのかにイチゴの味を残し、焼酎臭さがまったくありません。イチゴ酒は、長期間保存するとピンクが茶色になってしまうので、早めに飲むのがいいそうですが、瓶に詰めた2本のうち1本は半年ほど寝かせてみようと思っています。グレープフルーツ酒は、3ヶ月たった時点では焼酎臭さが抜けません。もう少し寝かせてみます。リンゴ酒は独特の癖があります。リンゴの種類を間違えたようです。紅玉にすればよかったかもしれません。

 9月になって、コケモモ・クロマメノキ・ガンコウランの果実を漬けました。いずれも、浅間・白根の山でありがたく頂いてきた実です。ガンコウランは1kgほど採れましたので、結構豪華な漬け方をしています。普通は35度の焼酎1.8Lに対し、実600g、氷砂糖200g程度ですが、ガンコウランは実800gとしました。クロマメノキは焼酎900ccに、実300g、氷砂糖100gです。コケモモは少ししか採れなかったので、焼酎180cc、実60g、氷砂糖20gで漬けました。いずれもいい色が出てきました。半年後が楽しみです。

クロマメノキの実(2012年9月22日 草津白根山塊) こんなに実をつけたクロマメノキを見たのは初めてです。この木は、高さが30cmくらいで、小粒のブルーベリーのような実をたわわにつけていました。普通の実のなり方であれば、歩きながら摘むようにして採るのですが、このあたりは座り込んで採るくらいです。キノコと同じで、どこで採ったか正確な場所は言わないようにします。

120922

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

中国-二流国家の証明-

 中国で反日デモが暴動化しています。中国政府はこれを奨励する気はあっても、本気で抑えようとする気はないようです。スーパーや工場が襲われ、略奪・放火などが繰り返されたことに対し、中国外務省の報道官は、「日本が悪い」と記者会見で述べました。空いた口がふさがりません。「申し訳ない」の一言もないのですから・・・。当然ながら、賠償などもする気は全くないでしょう。その工場・スーパーなどに勤めている人たちは全員が中国人です。その人たちの生活はどうなるのでしょうかね。日本人が襲われたという報道もあります。それに対しても中国政府は「日本が悪い」というのでしょうか。思い起こせば80年前、上海共同租界で暴動が起き、日本軍と中国軍が衝突しました。事情は違いますが、雰囲気は似たようなところがあります。そのころの日本は、とても上等とは言えないことを中国で行っていましたから、あまり文句も言えません。しかし、今は日本軍が駐留しているわけではなし、中国に対し侵略行為を働いているわけでもあありません。もっとも、尖閣の国有化は侵略という中国人もいるでしょうね。

 デモはかまいません。日本国内でもデモは行われています。デモの対象となる国は、通常はその国の上位に評価される国です。日本では反米デモは行われますが、反中国デモは行われたとしても小さなものでしょう。中国でも、半ベトナムデモなどはないでしょうね。また、一流国は国がデモを組織・扇動するなどということはありません。これまでの中国政府の対応が中国が二流国であることの証明ともいえます。中国も、行きつくところまで行けばよい。全世界の文明国が中国を非文明国として見ているのですから・・・。その時になって中国が反省しても遅いでしょうよ。

2012年9月16日(カバイロツルタケ 浅間山塊・桟敷山) キノコ図鑑によっては食用とするものも毒とするものもあります。キノコ食べたし、毒は怖し・・・。結局、ここではイグチとチチタケだけを採って、味噌汁で食べました。

20916

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

維新、維新と草木もなびく

 維新・維新と草木もなびく、維新居よいか住みよいか・・・、との歌が聞こえるようです。私のようなへそ曲がりは、どうもこの風潮に乗ることはできません。国政参加のために政党を作るといい、維新八策を出したと思ったら、これは公約ではなく綱領であるとのたまう。では、党首となる大阪市長や大阪府知事は国会議員を目指すのかというと、現職のままであるとも言います。結党は国を変えると云う目的なのに、国会議員になるつもりはないのですかねえ。状況は違いますが、むかし、ブームになった長野県知事がいましたが、それを思い出しました。国を変えたいと思うのなら、少なくとも立法府に属する国会議員を目指すべきでしょうに・・・。要するに、自分は関係ないところにいて、所属する国会議員をリモートコントロールすると云うことでしょうかね。

 それにしても、今日民主党の国会議員が維新に合流するために離党届を出しました。昨日の記者会見を垣間見たところ、冒頭に出したような歌の文句が頭に浮かびました。大阪市長は、多くの国会議員を面接し、ふるい分けています。いわば離党届を出した議員は、面接に合格して、上げ潮に見える波に乗ろうと云うことでしょうか。大阪市長にゴマをすって、転職をものにしたように見えるのは私だけでしょうかね。どちらにしてもこのブーム、3年は持たないでしょう。少なくとも最初の衆院選はともかく、2度目は惨敗することが見えるような気がします。

タムラソウ(2012年9月9日 浅間山)タムラソウはアザミによく似ていますが、トゲがありません。秋の山を彩る花です。

120909

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

土壌汚染対策法ガイドライン(3)

 またまたガイドラインのことかと、このブログを読まれる方はうんざりするでしょうね。ようやくガイドラインの中で、私が担当する調査の項目のチェックが終わりました。私は、全地連(全国地質調査業協会連合会)ほかが行っている土壌汚染調査技術管理者試験講習会の講師を務めているのですが、その講習会に合わせて全地連のホームページでe-ラーニング形式の講習も行っています。e-ラーニングのためのテキストも書いていて、その修正を行わなければなりません。また実際の講習会で使うスライドの作成・修正を行う必要があります。今日ようやくテキストの修正が終わったのです。そのテキストを基にしてホームページにアップしますので、担当される方はこれから大わらわとなるでしょう。

 ガイドライン改定第2版は、本文だけで516Pあります。それにAppendixが160Pありますので、合計では676Pということになります。近々土壌環境センターから印刷物が発売されるでしょうが、617Pのガイドラインをきちんと全ページ読む人はほとんどいないでしょう。所管である環境省のお役人ですら読んでいないのではないですか?私のブログにある人がコメントを寄せられています、これは拷問である、と・・・。法や規則を改定もせず、ガイドラインの改定だけで済ませたことには大いに疑問がありますし、まして、自然由来の汚染土壌による盛土のことだけであるなら、その分を別冊で出せばよかったのです。細かく記述しても、せいぜい50Pで済むでしょうに・・・。そこで提案。ぜひ全地連のe-ラーニングを受講して(2100円ほどお金はかかりますが)、そのテキストを印刷して利用してください。テキストには要所にガイドラインのページ数も記載してありますので、必要な時だけガイドラインを読めばいいでしょう。発狂しないためにはそれがベストの選択でしょう。あ!、e-ラーニングの申し込みは9月7日まででした。ごめんなさい。

クロマメノキの実(2012年9月9日 浅間山) 私が発狂するのを防ぐためにも山に登るのは欠かせません。浅間山でクロマメノキの実(ブル-ベリーと同じ)を摘んで、ジャムにしようか、果実酒にしようか迷っています。

120909

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

土壌汚染対策法ガイドライン(2)

 土壌汚染対策法のガイドライン(改定2版)を読み始めて1週間、ようやく状況調査を読み終え、措置の一部を飛ばして詳細調査に入りました。前のガイドラインが大幅に変更されていなければ1日60ページほどは読み進められるのですが、新しく追記された部分や書き改められた部分は、1日30ページがせいぜいです。ガイドラインを書いた人の性格やセンスによるのでしょうが、全般に分かりにくいことは変わっていません。お役所言葉は翻訳しながら読み進まないと理解ができないのです。以前のガイドラインよりも多少わかりやすくなった部分もないことはないのですが、書いた人に毒づきたくなります。分かりやすくなったものには、例えば「範囲」という言葉を「場所」に替えた(109P)り、「既往調査」を「過去に行われた調査」に替えた(310P)と云うことは読みやすくしたのでしょうね。

 しかし、95Pや142Pの自然由来の汚染地関係の文章では、句点間の一文の中に「専ら」という単語が4回出てきます。よっぽど「専ら」という言葉が好きなのですね。しかも142Pの文は一文が6行(約220文字)もあります。また、96Pの文は、一文が8行(約330文字)もあるという読みづらさです。こんな文章が山とあるのが、このガイドラインです。もしも、わが社の社員がこんな日本語でお客さまに提出する報告書を書いたとしたら、即刻書き直しを命ずるでしょう。報告書やガイドラインは書く人のためにあるのではなく、読む人のためにあるのですから・・・。

ガンコウランの実(2012年9月1日 草津白根山系破風山) 今年はよく実がついています。小さなビニール袋一杯採って帰り、ジャムにしようと思ったのですが、種が多いため裏ごしして他のジャムに混ぜることにします。おなじところでクロマメノキやコケモモも採りました。

120901

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »