« OM-Dのこと(2) | トップページ | 土壌汚染対策法ガイドライン改訂2版 »

2012年8月28日 (火)

スズメバチの巣

 大分前の小説のような題(あのパトリシア・コーンゥルの訳が分らぬ小説)ですが、我が家にスズメバチの巣ができました。連絡があり、近所の人たちが心配しているとのこと・・・。少々早めに仕事を切り上げて家に帰りました。暗くなる前に退治しようと思ったのです。家に帰って早速カメラを取り出し、写したのが下の写真です。時間が遅いのであまり写りは良くありませんが・・・。道路に面したアオキの生け垣の中に直径25cmほどの巣ができていました。中央の穴からハチが出入りしています。当然刺されれば痛いですから、麦わら帽・メガネ・マスク・手袋と長袖といういで立ちで、まずキンチョールを巣穴に噴射しハチが弱るのを待ち、虫取り網にスーパーの袋を取り付けたもので覆いかぶせ、もぎ取りました。もぎ取った時に巣は壊れ、中に蜂の子がたくさん見えました。スーパーの袋を閉じて退治完了です。

 ものの資料によると、ハエや蚊に比べるとハチは殺虫剤などの薬剤にめっぽう弱いとのこと。ハチ専用のスプレーもあるそうですが、キンチョールでも大丈夫とのことですので、まずキンチョールを大量に吹きつけました。数分でハチは動かなくなりました。以前、家の軒下に巣ができた時は、キンチョールが届きませんので網だけで退治しましたが、今回は手が届く高さだったので簡単でした。スズメバチの巣は写真のように球形で縞々があるので、はっきりと識別できます。皆さんも見かけた時は刺されないようにご注意を・・・。

スズメバチの巣(2012年8月27日 家の生け垣の中) キンチョールを使わなければ、蜂の子が食べられたのですがねえ・・・。残念でした。

120827

« OM-Dのこと(2) | トップページ | 土壌汚染対策法ガイドライン改訂2版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スズメバチの巣:

« OM-Dのこと(2) | トップページ | 土壌汚染対策法ガイドライン改訂2版 »