« クマゼミ | トップページ | OM-Dのこと(2) »

2012年8月22日 (水)

領土問題

 竹島に韓国の大統領が足を踏み入れ、自国の領土であると碑まで建てました。尖閣諸島では、香港の人たちが上陸し、沖縄県警に検挙され、また日本の地方議員や民間人が許可なく上陸しています。我が国ではこのほか北方領土の問題もあります。領土は国の主権が及ぶ土地のことでしょうが、治めるべき国民と領土があってはじめて国家といえるでしょう。もっとも、離島では無人島も領土とすることができます。昔は、領土は力で奪い取るものでした。領土問題で戦争がおこり、また戦争のどさくさで領土を広げてきた歴史があります。現在では「国際法」により、武力行使による領土取得は認められないと云うことですが、私は不勉強のため、どの国際法のどの部分に記載されているかは知りません。だいたい、国際法という概念が分からないのです。国際法という法律はなくて、例えば条約も国際法の一つになります。

 現在でも武力による領土取得は行われており、イスラエルのパレスチナ占領がそれです。国際法に違反していることは明瞭なのですが、当事者以外は目をつぶっています。武力以外の手段で領土を主張する方法としては、歴史的に見て固有の領土であるとか、近隣諸国から文句を言われない実効支配が長く続くなどがあげられるでしょう。竹島は、日本と韓国が固有の領土と主張しており、現在は韓国が実効支配をしています。尖閣は逆で、台湾を含めた中国と日本が固有の領土と主張しており、日本が実効支配しています。韓国は、竹島には領土問題は存在しないと云い、日本も尖閣には領土問題は存在しないと云っています。竹島に関して日本は国際司法裁判所に提訴すると云っているのですが、尖閣で中国が国際司法裁判所に提訴すると云う時は、我が国は受けて立つのでしょうか。

オゼソウ(2012年8月12日 谷川岳) オゼソウは尾瀬ヶ原の西にある至仏山と谷川岳にしかない花です。普通は7月に咲くのですが、遅くまで雪が残る谷川岳の肩の雪渓では、8月になってから雪解けを追いかけてハクサンコザクラ・イワイチョウ・イワカガミやオゼソウが咲きます。

120812

« クマゼミ | トップページ | OM-Dのこと(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 領土問題:

« クマゼミ | トップページ | OM-Dのこと(2) »