« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月31日 (金)

土壌汚染対策法ガイドライン改訂2版

 土壌汚染対策法に関して、「調査及び措置に関するガイドライン」の改定2版が、8月28日に公表されました。環境省のホームページからダウンロードできます。いずれ印刷されたものが出版されるでしょう。本文だけで516Pと、改定版に比べると56P増えました。改定内容は、自然由来の汚染土壌を盛土に使った場合の取り扱いです。自然地盤の自然由来汚染土壌は、法成立時は法対象外としていたものが、平成22年の法改正で法対象としています。さらに平成23年の施行規則改正で特例の調査方法を設定し、また区域指定は形質変更時要届出区域を細分し「自然由来特例区域」としています。しかし、自然由来の汚染土を盛土に使った場合の扱いについては、土を人為的に動かしたものですから、原則として人為的な汚染扱いにされていました。これを、条件付きで自然由来と認めたものです。これは、法の根幹にかかわることと思うのですが、少なくとも施行規則も改正せずに、ガイドラインの改定だけで済ませられる問題でしょうかね。

 報道発表資料に添付された別添資料(改定の内容)はたった3枚です。これがガイドラインになると数十ページにもなってしまいます。もちろん改定内容は自然由来汚染土の盛土だけではなく、汚染土壌搬出時の認定調査も詳しくなっていますし、細かい言葉使いなども修正されているようです。どこが修正されたかは読まないとわかりません。また、あのわからない日本語?のガイドラインを500Pも読まなければいけないかと思うと、うんざりします。なぜ、改定部分だけ別冊にできなかったのでしょうかね。細かい修正など不要だったでしょう。どうせ出来が悪いものだったのですから、直す時はとことん直すべきでしょうし、中途半端な改定2版を読まされる身なってもらいたいものです。それにしても、以前のガイドラインよりも読みづらいと感じたのですが、よく見ると前のものよりも1行の文字数が38から40文字に増えていました。これでページ数の増加を抑えたのでしょうかね。環境省もせこいことをやるものです。

シャジクソウ(2012年8月28日 高峰高原) マメ科でクローバーの仲間です。アカツメクサに何となく似ています。浅間山周辺に多く、高峰高原には雑草のごとく生えていますが、他の山では見たことがありません。高原の夏の最後をマツムシソウやヤナギランと一緒に彩ります。

120826

| コメント (1) | トラックバック (0)

2012年8月28日 (火)

スズメバチの巣

 大分前の小説のような題(あのパトリシア・コーンゥルの訳が分らぬ小説)ですが、我が家にスズメバチの巣ができました。連絡があり、近所の人たちが心配しているとのこと・・・。少々早めに仕事を切り上げて家に帰りました。暗くなる前に退治しようと思ったのです。家に帰って早速カメラを取り出し、写したのが下の写真です。時間が遅いのであまり写りは良くありませんが・・・。道路に面したアオキの生け垣の中に直径25cmほどの巣ができていました。中央の穴からハチが出入りしています。当然刺されれば痛いですから、麦わら帽・メガネ・マスク・手袋と長袖といういで立ちで、まずキンチョールを巣穴に噴射しハチが弱るのを待ち、虫取り網にスーパーの袋を取り付けたもので覆いかぶせ、もぎ取りました。もぎ取った時に巣は壊れ、中に蜂の子がたくさん見えました。スーパーの袋を閉じて退治完了です。

 ものの資料によると、ハエや蚊に比べるとハチは殺虫剤などの薬剤にめっぽう弱いとのこと。ハチ専用のスプレーもあるそうですが、キンチョールでも大丈夫とのことですので、まずキンチョールを大量に吹きつけました。数分でハチは動かなくなりました。以前、家の軒下に巣ができた時は、キンチョールが届きませんので網だけで退治しましたが、今回は手が届く高さだったので簡単でした。スズメバチの巣は写真のように球形で縞々があるので、はっきりと識別できます。皆さんも見かけた時は刺されないようにご注意を・・・。

スズメバチの巣(2012年8月27日 家の生け垣の中) キンチョールを使わなければ、蜂の子が食べられたのですがねえ・・・。残念でした。

120827

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月27日 (月)

OM-Dのこと(2)

 4月でしたか、新発売になったオリンパスOM-Dこと E-M5を購入して、ぼろくそにけなしたことがありました。それから4ヶ月経ち、山にも持っていき大分使ってみました。その結果、第一印象とは違い、よい面も見えてきました。以前もあげました全体にチャチという印象はぬぐえません。さらに、ボタンが小さく操作しづらい、付属のズームレンズが操作しづらい、フォーサーズレンズをつけると動作が極端に遅くなるなどいろいろあります。レンズが暗いのも難点です。写りはさすがに進化しているだけあって、良好です。背後のティルトスクリーンもなかなかです。どうしてもE-5と比べてしまうのですが、やはりE-5にはかないませんね、重さの点を除けば・・・。E-5のあとにOM-Dを持って歩くと、あまりの軽さに、不安になるくらいです。逆に、OM-DのあとにE-5を持つと、あまりの重さにうんざりします。

 オリンパスが発売するマイクロフォーサーズのレンズは、全体に暗いです。セットで購入した12-50mmズームはF3.5~6.3です。小さくするためにやむを得ないのでしょうが、もっと明るいレンズが欲しくなります。もっとも明るいのにF1.8の45mm単焦点レンズがあるのですが、もっと標準レンズあるいは準広角で明るいレンズが欲しくなります。そこで、パナソニックのLumix20mmF1.7を購入しました。このレンズ、パンケーキタイプで小さく薄く、期待以上に良好です。明るいし、とくにボケがきれいです。私のOM-Dの標準レンズになりそうです。

シラタマノキ(2012年8月26日 上信国境・高峰山) この写真は残念ながらE-5です。この時期、浅間周辺の山にブルーベリー(クロマメノキ、浅間周辺ではアサマブドウと呼ばれています)を取りに行きます。ジャムにするためです。今年もたくさん採れました。山の恵みを味わっていただきます。

120826

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月22日 (水)

領土問題

 竹島に韓国の大統領が足を踏み入れ、自国の領土であると碑まで建てました。尖閣諸島では、香港の人たちが上陸し、沖縄県警に検挙され、また日本の地方議員や民間人が許可なく上陸しています。我が国ではこのほか北方領土の問題もあります。領土は国の主権が及ぶ土地のことでしょうが、治めるべき国民と領土があってはじめて国家といえるでしょう。もっとも、離島では無人島も領土とすることができます。昔は、領土は力で奪い取るものでした。領土問題で戦争がおこり、また戦争のどさくさで領土を広げてきた歴史があります。現在では「国際法」により、武力行使による領土取得は認められないと云うことですが、私は不勉強のため、どの国際法のどの部分に記載されているかは知りません。だいたい、国際法という概念が分からないのです。国際法という法律はなくて、例えば条約も国際法の一つになります。

 現在でも武力による領土取得は行われており、イスラエルのパレスチナ占領がそれです。国際法に違反していることは明瞭なのですが、当事者以外は目をつぶっています。武力以外の手段で領土を主張する方法としては、歴史的に見て固有の領土であるとか、近隣諸国から文句を言われない実効支配が長く続くなどがあげられるでしょう。竹島は、日本と韓国が固有の領土と主張しており、現在は韓国が実効支配をしています。尖閣は逆で、台湾を含めた中国と日本が固有の領土と主張しており、日本が実効支配しています。韓国は、竹島には領土問題は存在しないと云い、日本も尖閣には領土問題は存在しないと云っています。竹島に関して日本は国際司法裁判所に提訴すると云っているのですが、尖閣で中国が国際司法裁判所に提訴すると云う時は、我が国は受けて立つのでしょうか。

オゼソウ(2012年8月12日 谷川岳) オゼソウは尾瀬ヶ原の西にある至仏山と谷川岳にしかない花です。普通は7月に咲くのですが、遅くまで雪が残る谷川岳の肩の雪渓では、8月になってから雪解けを追いかけてハクサンコザクラ・イワイチョウ・イワカガミやオゼソウが咲きます。

120812

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月17日 (金)

クマゼミ

 ここ2日ほど大阪に出張していて、やかましいセミの鳴き声に悩まされました。クマゼミです。クマゼミは関東地方には生息していなくて、10年ほど前、以前勤めていた会社の大阪分室を兼務するようになって、初めてクマゼミを知りました。クマゼミも当たり年・外れ年があるようで、年によって騒ぎの大きさが違うように感じます。今年は当たり年なのでしょうか、ひときわうるさく鳴いています。とくに午前中、それも8時位がピークで、10時を過ぎると静かになります。今仕事をしている工場の中には涼しげな木立があり、その工場の仮設事務所から現場まで木立の中を通ります。木立の中は、周りよりも気温が2℃は低いのではないかと思うくらい涼しいのですが、クマゼミのうるささに余計暑く感じてしまいます。

 クマゼミの生息域は南西諸島を含めた西日本から東海地方で、東日本や雪の降る山陰地方にはいないそうです。この頃、温暖化のせいかはわかりませんが、徐々に東へと生息域を広げているようで、神奈川県や雪の降る山陰・北陸地方でも増えていると云うことです。鳴き方は、アブラゼミに似ているような違うような。でも、うるささはダントツにひどいものです。幸い、わが高崎周辺にはいませんので安心ですが、そのうち侵略してくるのでしょうかね。

クマゼミ(2012年8月16日 大阪にて) 左はアブラゼミで、右がクマゼミです。仲良く並んで柿の木に止まっていました。鳴くのはオスだそうです。写真のクマゼミは鳴きませんでしたからメスかもしれません。

120816

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月13日 (月)

ようやく終わったオリンピック

 7月27日から2週間にわたって行われていたロンドンオリンピックが、12日(現地時間)にようやく終わりました。終わってほっとしたのは私だけでしょうか。4年に一度の国際的なお祭りは、日常生活を狂わせるくらいです。毎日のように勝った負けたで大騒ぎし、メダルが何個だとか、メダルは取れなかったけれど健闘しただとか、大騒ぎでした。私はあまのじゃくなので、この2週間はどうにも腹立たしい日々でした。テレビはほとんど見ないのですが、ニュースと天気予報は見るようにしています。しかし、ニュースはオリンピック一色といっても良いほどでした。1億2千万人の全員がオリンピックに夢中になっていたわけでもあるまいし、どうにも我慢ならない日々でしたね。ようやく終わったオリンピックにホッとしているのは、私だけではないでしょう。

 私のオリンピックは東京オリンピックがすべてでした。それ以後のオリンピックはほとんど見ていません。その東京オリンピックも、どちらかというとう市川昆監督の記録映画の印象が強いです。もともとオリンピックは、戦争の代替行事のように始められたと聞いています。それが現在では、まさに国家間の総力戦のようになっています。メダルを取った国を見ればわかるでしょう。200をこえる国・地域から何万人もの人が競技に来るのです。マラソンのような競技を除けば、国を挙げての支援がなければ勝てないでしょう。近代オリンピックは、初めのうちはアマチュアだけの競技でした。それがソ連・東ドイツ・中国・北朝鮮のように、国の威信をかけて育成された選手が優勝をさらうようになってからアマチュア規定は廃止され、現在ではプロにも門戸が開かれています。クーベルタンは、あの世から見ていてどのように思っているのでしょうか。

カラスウリ(2012年8月8日 自宅の庭で) 秋になるとオレンジ色の実がなるカラスウリですが、8月になると夜写真のような花を開きます。あまりの美しさにびっくりします。朝にはしぼんでしまいますので、夜しか見ることができません。この花を見たさに3年前種をまいておいたのですが、ようやく咲きました。

120808_2 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2012年8月 8日 (水)

仙台の高校のいじめ

 これほど腹立たしいことがあるのでしょうか。仙台の高校で、いじめを訴えた男子生徒に自主退学を強要し、応じないときは退学処分にすると脅かしたと云うニュースです。最初のうち生徒は「自分でやった」と言っていたようですが、その後生徒はいじめによるものと訴えています。煙草の火を腕に押し付けられ、20ヶ所ものやけどの跡が残っています。それを、学校側は、他の生徒に動揺を与えると云って、退学を強要したとか・・・。これが学校ですか、これが教育ですか。滋賀県大津の中学もそうでしたが、いじめに対してあまりにも事なかれ主義がはびこっています。いじめる生徒が怖い、モンスターペアレントやPTAが怖い、教育委員会が怖い、自分の出世・給料に影響するということでしょう。あなた方はそれでも教育者ですか、いや、人間ですか。

 むかしからこのような先生はいました。何か訴えても、先延ばししたり、見て見ぬふりをしたり。私は子供のころは暴れ者で、よく喧嘩をしました。中学生の時、周りの不良連中に喧嘩を売られ、なんと中学校の職員室前の中庭で殴られたことがありました。数人対一人の喧嘩です。でも、先生はだれ一人出てきませんでした。それ以来私は学校や先生に対して不信感を持っています。しかし、今回の仙台の件はあまりにもひどすぎます。なにも、自分たちで全部処置しろというわけではありません。手に負えないときは警察に頼むのも一つの方法でしょう。それも、自分たちの保身のためにやりません。そして、生徒がダメになっていくのです。

ユウスゲ(2012年8月5日 榛名山) 榛名山の火口原は1000m程の高さで、マツムシソウ・コウリンカ・ギボウシ・コオニユリ・ツリガネニンジンなどのお花畑が広がっています。8月の午後3時を過ぎると、レモンイエローのユウスゲが目立つようになります。

120805

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 6日 (月)

JUDO

 ロンドンオリンピックで、日本は柔道が正式種目になって以来初めて男子の金メダルがゼロになりました。女子は一つ金を取っていますので、柔道種目でゼロではないのですが、寂しいことになりました。柔道が発祥地を離れ、国際的になるにつれ柔道の伝統などは完全に無視とは言わないまでも、柔道からJUDOに、武道からスポーツになってしまいました。ここ10年程の国際試合やオリンピックの柔道は、私たちが学んだ柔道とは異質なものになっています。常に動きまわり、攻撃をし続けないと「指導(反則の一種)」を受けます。ポイントは一本、技あり、有効の三つのランク(以前は「効果」というものもあった)がありますが、指導が重なるとポイントが相手に与えられることになります。私たちが学んだ50年前は、一本と技ありしかありませんでした。試合時間は国際規定では5分間で、相手の出方をうかがって技をかけるなどという余裕もなくなりました。外国勢を見るとわかるのですが、キチンと組むと云うこともせず、奥襟を取るのが主流になっているようです。

 私は高校生の時、柔道部に入ったのと同時に、町の道場にも通っていました。その頃の私の得意技は、背が低い(163cm)ものですから、足技と背負い投げでした。初段になるには試験があり、試験場で5人抜けばもらえました。2年生の時、最初の試験で3人を抜きました。あと一回試験を受ければ5人になるはずだったのですが、稽古でアクシデントが起きました。背の高い男と稽古をしていて背負い投げを決めた時に、相手の首の骨を折ってしまったのです。相手が180cm以上の上背があり、巻き込み気味の背負い投げを打ったときに、相手の首に力がかかったようです。命に別状はなかったのですが、それで柔道を止めてしまいました。技をかけるのが怖くてできなくなったのです。それから50年近くがたちました。柔道にはそのような思いがあります。しかし、仮に相撲がオリンピック種目になったら、どんなルールになるのでしょうかね・・・。

ナガバノモウセンゴケ(2012年8月3日 尾瀬沼・沼尻) 普通のモウセンゴケはよく見るのですが、葉が3倍以上長いナガバノモウセンゴケはあまり見ることはありません。しかも、花などめったに見ることができないものでしょう。ここでは普通のモウセンゴケとナガバノモウセンゴケが混在しています。

120803

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »