« 福島原発は人災 | トップページ | 小沢には何枚舌があるのでしょうか »

2012年7月10日 (火)

訳が分からん鳩山処分短縮

 民主党は、消費税法案に反対した鳩山の処分を、当初予定の6カ月から3カ月に短縮しました。「他の議員と差があることはバランスを欠く」との理由だそうです。鳩山の側近だか腰ぎんちゃくだかの松野とか云う議員が、「元首相も当選1回の議員も同じ権利がある」と言ったとか・・・。この腰ぎんちゃくは本当にそんなことを考えているのでしょうか。憲法でも、道徳の本でも権利と義務は表裏一体と教えているでしょうに、バカ男の腰ぎんちゃくはそのようなことも知らないのでしょうね。民主党の元代表であり元首相である鳩山の最大の義務は、党議に従うことです。鳩山と当選1回の議員が「同じ権利=同じ義務」などはあり得ません。そんなことを子供たちに学校で教えられますか?当然ながら鳩山の義務は他の議員よりもはるかに大きいものがあります。できないのなら離党しなさい。

 それにしてもなぜ鳩山は離党しないのか、民主党にしがみついているのか。民主党を作るときに費用の大部分を出したのが惜しいのだ、とか言う人もいます。母親からお小遣いを何十億円ももらえる人ほど、お金には執着するのかもしれませんね。鳩山は離党した小沢と連携を取って消費税増税を阻止すると云うことです。どのような連携を取るかはわかりませんが、考えられるのは内閣不信任案へ賛成票を投ずると云うことのようです。このような動きを見ていると、いったい政党政治とは何なのか考えざるを得ません。

ウサギギク(2012年7月7日 秋田・笊森山) この山では、例年ですと7月下旬に咲く花がもうあちこちで見られます。ウサギギクも高山を代表する花ですが、関東周辺ではなかなか見ることができません。

120707

« 福島原発は人災 | トップページ | 小沢には何枚舌があるのでしょうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 訳が分からん鳩山処分短縮:

« 福島原発は人災 | トップページ | 小沢には何枚舌があるのでしょうか »