« こんな奴に日本の政治を託せるのか | トップページ | 連休の山の事故 »

2012年5月 1日 (火)

山菜のこと

 私の趣味が山登りであることは前々から書いています。山に登るのと同時に、山の花の写真を撮ることが本当の趣味なのですが、その余禄として山菜やキノコもいただいています。時折新聞等では山菜と間違えて毒草を食べたと云うことが話題になります。先日もトリカブトをニリンソウと間違えて食べた方が亡くなっています。人によっては「よくそんな怖いことしますね」と言う人もいますが、この山の恵みをいただかないと春になったと云う気がしません。もちろん山菜独特の味覚も魅力ですが、やはり春を感じたいと云うのが本音でしょう。秋はキノコになりますが・・・。我が家の庭や畑には、フキノトウ・タラノメ・カンゾウ・ギボウシ(ウルイ)・ギョウジャニンニク・ヤマワサビ・ミツバ・コゴミなどが生えています。3月中旬のフキノトウから始まって、今タラノメが最盛期です。

 少し山にはいれば、今の時期はヤブレガサ・モミジガサ(シドケ)・ニリンソウ・コシアブラなども採れるでしょう。隣近所とで、山菜のやり取りをするのも楽しみです。昨日は、お隣からサンショをいただきました。もう少したつと、イラクサ・フキ・ウワバミソウ(ミズ)・タケノコが大きくなってきます。花と同様、今年は山菜も2週間ほど遅くなっています。今しばらくは、山菜で楽しむことができるでしょう。

モミジガサ(2012年4月29日 群馬県・鹿岳) 鹿岳(1015m)は、群馬県の中でもとりわけアカヤシオがきれいな山として有名です。シーズン中は毎日数十人の登山者(丹沢などに比べると少ないですね)が訪れます。この登山道の脇には、モミジガサがたくさん生えています。

120429

« こんな奴に日本の政治を託せるのか | トップページ | 連休の山の事故 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山菜のこと:

« こんな奴に日本の政治を託せるのか | トップページ | 連休の山の事故 »