« 原発全滅 | トップページ | 山菜のこと »

2012年4月27日 (金)

こんな奴に日本の政治を託せるのか

 小沢のことはもう書くのは止めようと思っていたのですが、やはり最後に書きたくなりました。4月26日の東京地裁の判決で無罪が言い渡されました。本人や弁護士は、「完全無罪」といって喜んでいるようです。民主党の小沢の取り巻きも、小沢の復権に向けて動き出しました。党員資格停止処分にした岡田氏の責任追及の意見もあるようです。ですが、判決文をよく読んでください。判決は、簡単にいえば「限りなく黒であるが、共謀の証拠がないから無罪」と私には読めます。まして、秘書は有罪となっているのです。判決でも「収支報告書は見ていない」、「サインしてくれと言われただけ」などについては不自然で信じられないとしています。いわば、「限りなく疑わしいのだが、仕方なく無罪」のようです。もちろん検察の調書が嘘で固めてあったと云うこともあるでしょう。

 小沢は1993年の著作(日本改造計画)に、政治資金のことを書いています。よく引用されることですが、その一部を再録すると「政治資金制度の改革と同時に、政治資金規正法違反者に対する罰則を強化し、政治腐敗防止制度を確立すべきである。具体的には、違反者を公民権停止処分にし、違反の言い逃れを封じるために連座制も強化する。」としています。小沢は裁判の途中で、「私は天下国家を論じている、収支報告書など見ない」と言っていますが、「4億円の収支報告書など、天下国家に比べれば大したことはない」とも聞こえます。あまりにも我々の感覚から外れていて、こういう人が「国民の生活第一」などという政治ができるのでしょうかね。

ギボウシの若葉(2012年4月15日 家の庭で) ちょうど食べごろのギボウシ(ウルイ)です。さっと湯がいておひたしにしたり、生のままのサラダもいいでしょう。夏になれば紫色の花を咲かせます。

120415

« 原発全滅 | トップページ | 山菜のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんな奴に日本の政治を託せるのか:

« 原発全滅 | トップページ | 山菜のこと »