« いわき市の苦悩 | トップページ | 原発全滅 »

2012年4月19日 (木)

土地の国有化

 石原都知事が尖閣諸島を都で買い上げるとアドバルーンを揚げた途端に、政府は国としても国有化することを考えると述べました。ワシントンでわざわざ言う都知事も都知事ですが、その発言に泡を食う政府も政府です。政府は2002年だかに尖閣買い上げを打診したことがあったそうですが、地権者に断られました。現在は、民主党政権に不信感を抱いているとのことですが、2002年当時は自民党政権です。2002年当時も政府に不信感を抱いたのでしょうかね。それとも、単なるおカネの問題でしょうか。ここにきて都知事には売ると言うのですからよくわかりません。そもそも、台湾国境に近い無人島が個人の所有ということも良くわからない問題です。

 国有地は「誰の土地でもない土地」、「誰の土地にもできない土地」、「国益上国が管理すべき土地」などが相当するでしょう。道路・空港や国防上必要な土地、領有権を主張すべき土地などがそうです。硫黄島や南鳥島・沖ノ鳥島が国有地であれば、当然ながら尖閣諸島や竹島は国有地でしょう。そして、私は福島の居住できない土地も国有地にすべきと思っています。国有化は一時的でもいいでしょう。現在の地権者は登記上残しておいて、居住できるようになるまで国有化すればいいのです。先回も書きましたが、人が居住できないところに自治権はあり得ません。国が責任をもって管理すべきです。

満開の桜(2012年4月15日 高崎市八幡八幡宮) 東京よりも1週間遅れて、わが高崎市周辺もソメイヨシノが満開になりました。家の畑に2年前に植えた山どりのタラノメが育ち、10個ほど収穫してテンプラでいただきました。今日は、帰ってからギボウシ(ウルイ)のおひたしを食べようかと思います。

1204152

« いわき市の苦悩 | トップページ | 原発全滅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土地の国有化:

« いわき市の苦悩 | トップページ | 原発全滅 »