« WALKMAN | トップページ | さいたま市の親子飢え死に »

2012年2月21日 (火)

光事件の死刑判決

 いろいろな意見があることを承知の上で書きますが、光市の母子殺害事件で最高裁の差し戻し上告判決で死刑が確定しました。当然と思います。我が国に死刑制度がある以上、当然の判決でしょう。この裁判で問題となっているのは、事件当時被告が少年であったということです。18歳と1ヶ月。弁護側は、死刑判決を避けるためにあらゆる手を使ってきました。その手法は、ある面で卑劣ともいえるものでしょう。弁護側の目的は死刑廃止でしょうから、死刑判決を避けるために、うその証言なども少年(正確には元少年)に言わせたようです。少年の証言が二転三転し、明らかにされている手紙の内容などからそのことがうかがわれます。弁護団は、「少年には殺意がなく不当判決」と言っていますが、その弁護士は本当にそう思っているのでしょうか。

 少年だから死刑にならない、無期懲役であれば7年でひょっこり出てくるとか、被害者側の気持ちを考えると、あってはならないことでしょう。たとえ18歳未満でも、自分の犯したことに対する責任は取るべきです。反省し、更正してもです。よほどの事情がない限り、この種の事件で死刑判決は避けられないものでしょう。それと、無期懲役というものはなくすべきでしょう。死刑に次ぐ判決を受けても、模範囚であれば何年か経てば出所するなど、被害者は許せないでしょう。死刑制度を廃止するならば、無期懲役ではなく仮出所なしの終身刑とすべきでしょう。死刑制度に反対する人たちは、「死刑といえども人を殺すことが残酷だから」といいますが、殺人者である被告がその残酷なことをして、その上許されるようなことがあってもいいものでしょうか。

お雛様(2012年2月18日 安中市松井田の五料茶屋) 不要になったお雛様を集めて展示することは日本各地で行われています。写真のお雛様もその例で、中山道の大名などの休憩所となっていた名主の屋敷跡に展示されていたものです。写真を撮っていて、ふと秦の始皇帝の兵馬俑を思い浮かべました。

08

« WALKMAN | トップページ | さいたま市の親子飢え死に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光事件の死刑判決:

« WALKMAN | トップページ | さいたま市の親子飢え死に »