« 光事件の死刑判決 | トップページ | 国産CDはなぜ高い »

2012年2月23日 (木)

さいたま市の親子飢え死に

 さいたま市のアパートで、餓死したとみられる親子3人が発見されました。秋田県から移ってきた人たちだそうです。さいたま市に住民登録をしていなかったために、市では把握していなかったということですが、だいぶ前から家賃を滞納し、電気は止められ、水道料金は未納だったということです。いったいこの社会は何なのですか。少なくとも周りの人たちは気付いていたはずです。「我関せず」でいたのでしょうか。立川市では、母親が病死した後、4歳の子供が餓死しています。まったく、悲しさを通り過ぎて、憤りを感じます。さいたま市の例も、立川市の例も生活保護は受けていなかったということです。

 生活保護の受給者が200万人を超えたとか・・・。働く意欲があっても何らかの事情で働けない人たちへの一時的な支援が生活保護です。しかし今、本当に生活保護を必要としている人たちにその支援が届いているのでしょうか。ネットでは生活保護のことを「ナマホ」と呼んで、生活保護を受ける方法などの情報が飛び交っているようです。このような情報に飛びつく輩は、働く意欲などがない輩でしょう。本当に生活保護が必要な人たちをきちんと見つけ出す行政システムが必要でしょう。

D51(2012年2月18日 信越線・西松井田横川間) 久しぶりに汽車の写真を撮りました。この列車の最後部にはDLが接続されていて押しています。つまり、D51には単独で列車をけん引する力がないということでしょう。こんなのは汽車ではなく、単なるお飾りなのですが、たまたま歩いていた中山道で見かけたら、どうしてもレンズを向けてしまいますね。それでも最後尾のDLは入らないように写しました。

120218sl

« 光事件の死刑判決 | トップページ | 国産CDはなぜ高い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さいたま市の親子飢え死に:

« 光事件の死刑判決 | トップページ | 国産CDはなぜ高い »