« オナカの大きな王子さま | トップページ | 1969 »

2012年1月 4日 (水)

謹賀新年かなあ

 あけましておめでとうございます。昨年は大災害が次々と起こり、諸外国からは我が国の存続すら危ぶまれた年でした。しかし、政治は別として、我が国の底力が見られた年でもありました。とくに産業界の立ち直りは早く、西洋の目から見ると奇跡に見えたかもしれません。日本に帰化申請しているドナルド・キーンさんもそのようなことをおっしゃっています。これから、ヨーロッパはギリシャ・イタリア・スペインなどユーロ圏の危機がそれこそ正念場を迎えるでしょう。どこかの国の人は、「ユーロ圏はドイツ語を使え」などと言っていましたが、ドイツ以外は全員負けになりかねません。そうなると、ドイツもイギリスもフランスも立ち行かなくなるでしょう。ギリシャなどには徹底的な援助が必要でしょうし、また援助される側も徹底的な自助努力が求められることになります。

 我が国の政治は、立ち直るどころかますます泥沼にはまり込んでいくようです。昨年末の消費税のアップやTPP参加意思表明、行財政改革など、お題目は見えるのですが、中身が見えません。これからの少子高齢化社会では消費税だけが頼りとなる増税パターンでしょう。しかし、だからと言って簡単に上げられては困ります。消費税を上げる前に、政府・政治はできることをすべて出し切ってやったのでしょうか。私にはそのようには見えません。公務員・議員の削減、不必要な経費のカット、無駄な埋蔵金の処理、高額所得者への増税、社会保障の見直しなど、いっぱいあると思うのですがね・・・。

私の初詣(2012年1月1日 高崎市八幡八幡宮) 私の住まいから100mほどのところにある、1000年ほど前に建てられた八幡様です。本家は京都の石清水八幡宮と聞いていますが、群馬県では由緒正しい八幡宮でしょう。しかし、八幡八幡(やわたはちまん)ですから面白いですね。

120101

« オナカの大きな王子さま | トップページ | 1969 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オナカの大きな王子さま | トップページ | 1969 »