« 1969 | トップページ | 斉藤明美さん »

2012年1月11日 (水)

またスピーカーを作りました

 暮れから正月にかけて、また一つスピーカーを作ってしまいました。昨年は11月から4セットも作ったのですが、すべてバスレフタイプでしたので、正月を控え少々変わった無指向性スピーカーを作ろうと思い立ちました。当初は200mmのVP管で作ろうと思ったのですが、近所のホームセンターには150mmのVU管しかありません。仕方がないのでそれを購入し、容量が6L程になるよう長さ350mmに切りました。蓋と底はVU管の内径に合わせて15mm厚のパイン集成材を丸く切り、やすりで根気良く削ってはめ込み接着します。底に30mmVPのバスレフダクトをつけています。スピーカーユニットは近頃お気に入りのメーカーであるPARC audioの10cmウッドコーンフルレンジのDCU-F121Wです。塗装してスピーカーを取り付け、上部に無指向のための反射球としてソフトボール(公認球で1号)をつり下げました。その写真が下のものです。

 完成まで2週間を要しましたが、期待にたがわず良い音になりました。最初は中高域が硬い印象だったのですが、時間がたつとこなれてきて、とくにボーカルがよくなってきました。低音も10cmとは思えないほど豊かです。オーケストラではホルストの惑星(ボールト指揮)ではスケール豊かに鳴ります。ボーカルでは声が一歩前に出てくるようです。演歌では、耳元でささやかれているような気分になるものさえあります。少々ほめすぎでしょうかね・・・。これでしばらくはスピーカーを作ることはお休みしようかと思います。

自作無指向性スピーカー(2012年1月7日完成) なかなか精悍な顔でしょう。私の自作の中では傑作になりそうです。

P1090139 

« 1969 | トップページ | 斉藤明美さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またスピーカーを作りました:

« 1969 | トップページ | 斉藤明美さん »