« 再びチャイナ・シンドローム | トップページ | 再びオリンパス »

2011年12月 5日 (月)

仲井間知事の態度

 2日の金曜日夕方に行われた仲井間沖縄県知事と一川防衛相との会談の模様が、テレビのニュースで何回も流れていました。会談はたった9分間でした。防衛相は何回も頭を下げてお詫びしていましたが、知事は9分後に会談打ち切りを言い出し、頭を下げたままの防衛相を置き去りにして部屋を出ました。知事の怒りはわかります。日本政府の対応の悪さもわかります。しかし、あの態度は少々いただけませんね。あんな態度を取るのなら、最初から会談なんかしなければいいのです。会談を受けたのなら、相手の言うことはきちんと聞くべきです。それが会談というものでしょう。老害でわがままが強くなったのか、それともあの通りの傲慢な人間なのか、いささか不快な気分になりました。

 わが社にもいろいろな方がお見えになります。中には会いたくない人もいます。でも、お見えになった方とたった9分ということはありませんよ。例えば融資の案内や広告宣伝の勧誘などの本当に会いたくない人には、最初から会わないようにしています。会うのならきちんと話は聞くべきです。それが礼儀というものでしょう。そういえば、会談の席で(確か玄葉さんでしたか)、前にも人の発言を遮ったことがニュースで流れたことがありましたっけ。

氷雨の後(2011年12月3日 自宅の庭で) 我が家の車は屋外のモミジの木の下においてあります。2日の冷たい雨に大半が散りました。車のボンネットの上はモミジのじゅうたんになりました。

111203

« 再びチャイナ・シンドローム | トップページ | 再びオリンパス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仲井間知事の態度:

« 再びチャイナ・シンドローム | トップページ | 再びオリンパス »