« 八ツ場ダム | トップページ | 謹賀新年かなあ »

2011年12月27日 (火)

オナカの大きな王子さま

 金正日が死んで、王様の地位を三男と言われている金正恩王子が世襲するということです。テレビでは、葬儀の模様を繰り返し放送し、中央に立つ太った王子様を映し続けました。周辺は軍人が固めています。26日には韓国からの弔問団とも会っています。この映像を見ると、小椋桂の歌「オナカの大きな王子さま」を思い出します。「オナカの大きな王子さま 白いお洋服が破れそうだよ 金のボタンも取れそうだよ」で始まります。この歌は、小椋桂の5枚目のアルバム「ほんの二つで死んでゆく(1973)」におさめられているもので、1975年のNHK「みんなのうた」でも放送されたそうです。「食べ過ぎては空飛ぶじゅうたんが飛ばないかな」とか、「いつまでたっても食べているので料理が全部なくなってしまう」とか「料理は食べたいし、じゅうたんには乗りたいし」というような歌詞が続きます。

 北朝鮮の人口は2000万人強でしょうが、その9割は飢えているということです。北朝鮮政府は「オナカの大きな王子さま」の指示とかで食料の配給を発表しましたが、配給は平壌市内に限られるということです。平壌は北朝鮮のエリートが住む町で、つまり、国を指導するエリートが生き残って、国民は死ねということでしょう。飢えは今までなかった軍隊にも及んでいるようです。いっそ、北朝鮮は滅んだ方が良いという人もいるでしょうが、その混乱でいったいどれだけの人が死に直面するのでしょうか。新王朝でも独裁体制となるか、それとも権力闘争で混乱するか、国民の蜂起で春が来るか、ベルリンの壁崩壊のような現象が起きるのが良いのでしょうね。

立岩(2011年12月23日 西上州、1265m) 23日に登った岩山で、麓から見ると圧巻です。昨日のブログの浅間山と荒船山は、この岩山の頂上(左側が高い)から撮ったものです。

111223


« 八ツ場ダム | トップページ | 謹賀新年かなあ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508313/53582020

この記事へのトラックバック一覧です: オナカの大きな王子さま:

« 八ツ場ダム | トップページ | 謹賀新年かなあ »