« TPPのこと | トップページ | 会社の金を使い込める羨ましさ »

2011年11月21日 (月)

趣味のオーディオ

 私のプロフィールには、趣味の一つにオーディオと記してあります。オーディオの中でも、スピーカーシステムの作成が好きで、若かりし頃はよく作りました。一番最初に作ったのはパイオニアのPE-16を用いたバスレフです。PE-16はその昔パイオニアが作っていた16cmのフルレンジシングルコーンスピーカーユニットです。12mmのコンパネと9mmべニヤを張り合わせ、21mmの板厚をもったシステムでした。20歳くらいの時です。それ以来、オンキョーのFR-12Aを使ったボール紙のゴミ箱を利用した無指向性スピーカーや、フォステクスの10cmスピーカーを使ったスパイラルホーン、テクニクスの25cmコアキシャルを使った特大の密閉箱など、いったいいくつ作ったでしょうかね。

 ここ20年ほどは作ることがなかったのですが、ひょんなことから3年前にフォステクスの16cmフルレンジを使ったバックロードホーンを作成しました。家のアンプは安いものですが、スピーカーは2系統あり、もう一つ作りたいと前から思っていました。そこで、今月初めにビクターが発売しているウッドコーンの2ウェイキットを購入して作ってみました。驚きましたね。ウーファーはわずか11cmのウッドコーンです。それなのに朗々と低音が出てくるのです。若かりし頃の常識は通じませんね。こんな小さなスピーカーから豊かな低音が出てくるなんて・・・。おかげさまで、火がついてしまいました。今度は12cmのオーソドックスなバスレフを作ってみようと思っています。昔のPE-16が今でも発売されているのであれば、それのバスレフもいいだろうなあ・・・。

紅葉とカルガモ(2011年11月18日 富山県高岡市城址公園) 高岡城は、前田利長が築城した城ですが、徳川の世になり一国一城の命令により、入城後わずか5年で廃城となりました。設計はキリシタン大名の高山右近とされています。廃城となってから400年もたつのに、堀や石垣は築城当時のままです。

111118

« TPPのこと | トップページ | 会社の金を使い込める羨ましさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TPPのこと | トップページ | 会社の金を使い込める羨ましさ »