« 逆説的九電応援 | トップページ | オリンパスのこと »

2011年10月24日 (月)

大学生の就活

 この頃駅でリクルートスーツを身に付けた人が多くなってきました。とくに女性は紺のスーツにヒールの低い靴・黒カバンとまったくと言っていいほど同じ服装です。経営者としては面白くもなんともない服装ですね。経団連が大学3年生の就職活動の解禁を例年より2カ月遅らせて、12月開始にしたとか・・・。就職活動が早い方がいいのか、遅い方がいいのか、両面があると思います。私たちのころ(昭和46年)は、大学に求人が来たのは4年生の4月か5月でしょう。何とか8月には内定を得て、いざ卒論に取り組んだと思います。ところが、今のルールは就職活動の開始はは3年生でも、試験や面接は4月以後になります。つまり、就職が内定するまで、下手をすると1年近くかかることになります。これでは、その間勉学に力が入らないのが当然でしょう。フィールドをおろそかにして、ネットで得た情報だけで卒論を仕上げる学生が多くなるわけです。

 私は、大学の求人欄で、試験のない会社を選びました。7月に面接を受け、8月には内定しています。大学の時あまり勉強をしませんでしたから、試験のある会社などは合格するわけがないと思っていました。面接の時、技術担当の人から、「透水係数とはなんですか?」と質問された時、たまたま卒論のテーマに、透水性に関連する事項を選んでいましたので、ダルシーの法則をとうとうと説明したことを憶えています。求人から内定までわずか4ヶ月でした。おかげさまで入った会社には自由に仕事させていただきまして、今日の私があります。大変感謝しています。

オオレイジンソウ(2011年10月9日 上信国境・留夫山) オオレイジンソウはトリカブトの仲間ですが、毒があるかどうかは知りません。多分あるでしょうね。トリカブトのほとんどが紫色なのに、オオレイジンソウはクリームを帯びた白色です。

111009

« 逆説的九電応援 | トップページ | オリンパスのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 逆説的九電応援 | トップページ | オリンパスのこと »