« 大学生の就活 | トップページ | 水に関する基準値の改正 »

2011年10月31日 (月)

オリンパスのこと

 この頃、某製紙会社とともにオリンパスが新聞紙上をにぎわせています。イギリスの会社を買収するのに、助言した会社に買収額の1/3、600億円を支払ったというのです。外国の証券関係の各機関が調査に入るとかいうことになりそうです。それにしてもすごい金額で、それに対し疑問を唱えた前社長が解任されたということですが、前社長でなくてもおかしいと思うでしょう。日本の常識ではせいぜい買収額の5%程度だそうですから。このままオリンパスそのものが危ういことになったら困ります。なぜなら、私のカメラはオリンパスで、根っからのオリンパス党なのです。オリンパスカメラがなくなったら、どうしたらいいのでしょう。ちっとは、このような愛用者のことも考えてほしいと思います。

 最初に買った一眼レフはOM-1です。次いで、中古のペンFTを買いました。1973年のことです。そのころは凝りに凝ってOM-1を3台、OM-2を2台所有していました。一眼レフではニコンのF2が有名でしたが、OM-1も負けませんでした。零下20度のところでも平気でシャッターが切れました。雪の中、無くなりつつあった蒸気機関車を追いかけたものです。今は、E-10からE-1、E-3と変り、E-5が愛用機となっています。そのほかにサブとしてE-300を1台とPL-1を2台所有しています。OM-1も最初に購入したものが1台残っていますが、さすがにもう撮るということは無いでしょう。しかし、いつでも動かせるように整備はしてあります。オリンパスもこんなユーザーのことをよく考えてください。

紅葉(2011年10月29日、上信国境・荒船山) この写真もオリンパスE-5、ズイコーズーム14~54mmで撮ったものです。E-5は黄色にやや難があるのですが、赤と青はきれいです。

1110282 

« 大学生の就活 | トップページ | 水に関する基準値の改正 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大学生の就活 | トップページ | 水に関する基準値の改正 »