« 野田さんに期待すること | トップページ | 災害と暮らし »

2011年9月 7日 (水)

脱原発

 菅前総理が脱原発を打ち出して以来、やれ縮原発だ、やれ脱原発だと、閣僚や現総理が大騒ぎです。私も福島原発事故が起こった当初、「原子力は神の火で、本来人間が手に入れるべきものではなかった」のようなことを言いました。このようなことはおそれを知らぬ所業で、人間が制御できるものではないと思ったからです。しかし現実には、人間は神の火を制御できると考え、武器としてだけではなく、利用できるエネルギーとしているのです。この現実から目をそむけるべきではないでしょう。科学は後戻りすることができないのです。一度知りえたことを完全に放棄することは文明の後退を意味します。今すぐ原子力発電を中止し、すべての原子力利用をやめることは出来ないでしょう。

 遠い将来、原発に依存しないでエネルギーを供給することは可能かもしれませんが、今すぐすべての原発を廃止すべきという意見は少々乱暴と言えるでしょう。私は、縮原発の考えで、順次廃炉していくべきと思っています。しかし、原子力利用をまったく廃止すべきではありませんし。原子力の研究は続けるべきでしょう。そうしないと、世界の技術から取り残されます。かつて、日本は北海道から九州まで炭鉱が数多くありました。今では、我が国で採算がとれる炭鉱はありません。それでも国策で採炭などの技術は維持しています。原子力もそれと同じでしょう。商業用原発がなくなっても、東海村などで原子力の利用の研究は続けてもらいたいと思っています。

タチフウロ(2011年8月31日 富士山麓・朝霧高原) 毎年、朝霧高原の研修センターで、土壌・地下水汚染の講義をしています。すぐ隣に道の駅があって、そこの小山にタチフウロ・マツムシソウ・女郎花などの花々が咲いています。

110831

« 野田さんに期待すること | トップページ | 災害と暮らし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野田さんに期待すること | トップページ | 災害と暮らし »