« 胃が痛くて | トップページ | 野田さんに期待すること »

2011年8月26日 (金)

胃カメラを飲みました

 今日(8月26日)、朝一番で板橋駅前の医院に行き、胃カメラを飲みました。胃カメラを飲む前に、鼻の中・喉にゼリー状の麻酔剤を塗り、胃の動きを鈍くする筋肉注射をし、いろいろと準備をしたのち、カメラを飲みました。カメラそのものはとても小さくて、細いシャープペンシルほどです。30年ほど前に飲んだ時は、親指ほどの太さがあったのですが、今時のカメラは小さいですね。しかも、それを鼻から飲むのですから・・・。ベッドのそばにモニターがあって、カメラの映像が映ります。面白いですね、私の鼻の中から喉を通り、食道から胃・十二指腸まで、楽々と入ってしまいます。狭いところは空気を送って広げます。

 おかげさまで胃はそれほどひどくありませんでした。潰瘍も癌細胞も認められませんでした。それでも変色したところがあって、そこの組織を遠隔操作で3ヶ所ほど採取しています。医者は「う~ん、霜降りだなあ」と訳がわからないことを言っていましたが、後でその理由を聞くと、健康な胃は赤いそうです。霜降りの白い部分は少々不健康なところで、胃炎のもとになるそうです。胃に関しては一安心でした。ところが、先日採血した血液の検査結果が出ていたのですが、何とγ-GTPが588もありました。今まで何年も健康診断をしていて、γ-GTPは20~30の間に収まっていたのに、急にこんな値になりました。医者には「暴飲暴食をつつしんでください」と言われましたが、普段から酒はあまり飲みません。なぜγ-GTPがこんなに高くなったかまったく不明です。今日も採血しましたので、来週もう一度行って相談するつもりです。

ユウスゲ(2011年8月11日 榛名山) 榛名山の火口原には沼の原という花畑があります。これからは、マツムシソウが咲き乱れますようになりますが、今はユウスゲ・コオニユリとコウリンカが盛りです。

110811


« 胃が痛くて | トップページ | 野田さんに期待すること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 胃が痛くて | トップページ | 野田さんに期待すること »