« 土壌汚染対策法改正施行規則(2) | トップページ | 土壌汚染対策法ガイドライン改定版 »

2011年7月29日 (金)

小松左京と光瀬龍

 26日に小松左京が亡くなりました。日本SF界の大御所でしたが、まだ80歳でした。彼は京都大学の文学部で、高橋和己と同級だったそうです。高橋和己は、「邪宗門」、「わが心石にあらず」などの純文学作家ですが、1回だけ短編のSFを書いています。多分小松左京の影響でしょう。私は高校生のころからSFが好きで、まだ刊行されて間もない月間のSFマガジン(早川書房)をよく読んでいました。アメリカではSFが盛んで、各種の雑誌が刊行されていましたが、多分日本ではSFマガジンが最初でしょう。毎月の発行日には、高校の帰りに駅(京急追浜駅)の近くの本屋で買い、電車の中でむさぼるように読んだものです。大体は翻訳ものでしたが、そのころから星新一、小松左京、光瀬龍、筒井康隆、少し遅れて眉村卓、半村良や豊田有恒などが活躍し始めていました。小松左京の長編で最初に読んだのは多分「果てしなき流れの果に」(1966)でしょう。古墳から発見された砂時計が導入部で、長い時空を超えた物語です。主人公が年をとり、恋人のもとに帰っていくラストが印象的でした。最も有名な「日本沈没」(1973)では、地質を学んだ私でも知らないプレートテクトニクスをこの小説で知りました。日本の地質学会でさえまだ定説になっていないものを巧みに取り込んだ小説でした。

 同時期に活躍した、私が最も好きなSF作家に光瀬龍がいます。小松左京より3歳ほど年上で、1999年に亡くなっています。「たそがれに還る」(1965)や「百億の昼と千億の夜」(1967)などがあります。小松左京ほど多作ではなかったのですが、宇宙年代記もの、タイムパトロールもの、少年向け、自然観察ものなど多岐にわたった作家でした。高校の生物の教師だったそうです。最も好きな「百億の昼と千億の夜」は、プラトン、キリスト、釈迦、阿修羅王などが時空を超えて三つ巴の戦いを繰り返すスケールの大きな物語で、冒頭の肺魚?が地表を観察する場面が印象的でした。残念ながら小松左京ほど有名ではなく、賞にも無縁の作家でしたが、作品は小松左京に負けてはいないと思っています。1960年代から70年代にかけて日本のSFをリードした人です。当時は、アーサー・C・クラークが「宇宙のオデッセイ2001」(1968、映画2001年宇宙の旅の原作)を発表した頃でした。かって私を虜にしたSF作家が次々と鬼籍に入っていきます。寂しいとは思いますが、私自身がとうに還暦を過ぎているのですから、これもまた当然というべきでしょうね。

ニッコウキスゲ(2011年7月23日 上越国境・三国山)三国山は標高1600m程の山ですが、上越国境にあるためか雪が多く、ハイマツこそありませんが高山植物がそこそこみられる山です。なかでもニッコウキスゲは頂上直下に比較的まとまった群落を作っています。ただ、アブラムシのような虫が多くたかっているのが多いので、少々心配です。

110723

« 土壌汚染対策法改正施行規則(2) | トップページ | 土壌汚染対策法ガイドライン改定版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土壌汚染対策法改正施行規則(2) | トップページ | 土壌汚染対策法ガイドライン改定版 »