« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月29日 (金)

小松左京と光瀬龍

 26日に小松左京が亡くなりました。日本SF界の大御所でしたが、まだ80歳でした。彼は京都大学の文学部で、高橋和己と同級だったそうです。高橋和己は、「邪宗門」、「わが心石にあらず」などの純文学作家ですが、1回だけ短編のSFを書いています。多分小松左京の影響でしょう。私は高校生のころからSFが好きで、まだ刊行されて間もない月間のSFマガジン(早川書房)をよく読んでいました。アメリカではSFが盛んで、各種の雑誌が刊行されていましたが、多分日本ではSFマガジンが最初でしょう。毎月の発行日には、高校の帰りに駅(京急追浜駅)の近くの本屋で買い、電車の中でむさぼるように読んだものです。大体は翻訳ものでしたが、そのころから星新一、小松左京、光瀬龍、筒井康隆、少し遅れて眉村卓、半村良や豊田有恒などが活躍し始めていました。小松左京の長編で最初に読んだのは多分「果てしなき流れの果に」(1966)でしょう。古墳から発見された砂時計が導入部で、長い時空を超えた物語です。主人公が年をとり、恋人のもとに帰っていくラストが印象的でした。最も有名な「日本沈没」(1973)では、地質を学んだ私でも知らないプレートテクトニクスをこの小説で知りました。日本の地質学会でさえまだ定説になっていないものを巧みに取り込んだ小説でした。

 同時期に活躍した、私が最も好きなSF作家に光瀬龍がいます。小松左京より3歳ほど年上で、1999年に亡くなっています。「たそがれに還る」(1965)や「百億の昼と千億の夜」(1967)などがあります。小松左京ほど多作ではなかったのですが、宇宙年代記もの、タイムパトロールもの、少年向け、自然観察ものなど多岐にわたった作家でした。高校の生物の教師だったそうです。最も好きな「百億の昼と千億の夜」は、プラトン、キリスト、釈迦、阿修羅王などが時空を超えて三つ巴の戦いを繰り返すスケールの大きな物語で、冒頭の肺魚?が地表を観察する場面が印象的でした。残念ながら小松左京ほど有名ではなく、賞にも無縁の作家でしたが、作品は小松左京に負けてはいないと思っています。1960年代から70年代にかけて日本のSFをリードした人です。当時は、アーサー・C・クラークが「宇宙のオデッセイ2001」(1968、映画2001年宇宙の旅の原作)を発表した頃でした。かって私を虜にしたSF作家が次々と鬼籍に入っていきます。寂しいとは思いますが、私自身がとうに還暦を過ぎているのですから、これもまた当然というべきでしょうね。

ニッコウキスゲ(2011年7月23日 上越国境・三国山)三国山は標高1600m程の山ですが、上越国境にあるためか雪が多く、ハイマツこそありませんが高山植物がそこそこみられる山です。なかでもニッコウキスゲは頂上直下に比較的まとまった群落を作っています。ただ、アブラムシのような虫が多くたかっているのが多いので、少々心配です。

110723

| コメント (0)

2011年7月22日 (金)

土壌汚染対策法改正施行規則(2)

 2回連続で難しい話が続きます。改正施行規則第14条の2には不思議な記述があります。第14条は、調査時に試料採取を省略した時のことに触れたものです。第1項の2に「第10条の3第1項第5号の測定において当該測定に係る土壌の特定有害物質による汚染状態が土壌溶出量又は土壌含有量基準に適合しないものであること。」と記述があります。そのすぐ後の第2項には、「前項の規定により試料採取等を行わなかったときは、調査対象地の区域(括弧書き内省略)を、当該試料採取等対象物質について土壌溶出量基準(括弧書き内省略)及び土壌含有量基準に適合しない汚染状態にある土地とみなす。」とあります。翻訳しますと、「昭和52年以後の公有水面の埋立地で1ヶ所でも基準を超過していることが明らかになり、その他の区画の試料採取を省略した場合は、調査対象地全域を土壌溶出量・含有量に適合しない土地とみなす」ということになりますかね。

 ここで面白いのは、「1ヶ所でも基準を超過していたら・・・」が第二溶出量基準超過であった場合でも、ただの溶出量基準超過とみなされることです。昭和52年以前の埋立地は、このような場合は第二溶出量基準超過の土地とみなされるのに、です。新しい施行通知には、昭和52年以後の埋立地は「第二溶出量基準を超えるような高濃度の土壌汚染は想定されない(14P)」としていて、そのため、実際に調査して第二溶出量基準を超過していても、超過していないものとみなしてしまうのです。つまり、黒であっても、そんなことは想定していないから白とみなす、というわけです。想定していないことは起こり得ないということですか。本当にそんなことを規定しているのか疑いますが、私の解釈が間違っているのですかね。それとも、どこかに裏があるのでしょうか。

ミヤマウスユキソウ(2011年7月3日 秋田・笊森山) 別名ヒナウスユキソウと言います。至仏山や谷川岳にはよく似たホソバヒナウスユキソウがあります。

110703

| コメント (0)

2011年7月14日 (木)

土壌汚染対策法施行規則の改正

 7月8日に土壌汚染対策法施行規則の改正が公示され、即日施行されました。いつも言うようですが、日本語とは言えません。分かりやすくなった部分もないわけではないのですが、全体的には暗号のようです。わざと理解できないように複雑・繁雑にしているとしか思えません。ちょっと長いですが新しく追加された第13条の2の部分を例としてあげます。

 ・・・当該試料採取等対象物質について第二溶出量基準(調査対象地が昭和52年3月15日以降に公有水面埋立法による公有水面の埋立又は干拓の事業により造成が開始された土地(廃棄物(廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号)第二条第一項に規定する廃棄物をいう。)が埋め立てられている場所を除く。)であり、かつ、当該土地の土壌の特定有害物質による汚染状態が専ら当該造成時の水面埋立て用材料に由来すると認められるものにあっては、土壌溶出量基準)及び土壌含有量基準に適合しない汚染状態にある土地とみなす。

 この暗号を一度読んだだけで解読できる人がいるでしょうか?なんと四重括弧ですよ。数式ではあるまいし、こんな日本語がありますか。日本語は千年以上の歴史を有する日本の文化ですが、こと法律に関する限り、日本語ではなく単なる文字・記号の羅列にしかすぎません。あまりにも情けないですね。この文章、私に書かせればもっと分かりやすくできますよ。少なくとも四重括弧は使いませんね。まあ、環境省の木偶の坊が書いた文字の羅列ですから、文化などは薬にもしたくないでしょうし、人に理解してもらおうなどと思わないのでしょうね。悔しかったら反論してみなさいよ!!

ハッコウダシオガマ(2011年7月3日 秋田駒ケ岳) 俗世界を離れて山の花を見るのが、唯一の慰めになりそうです。

110703

| コメント (0)

2011年7月 6日 (水)

言の葉

 松本復興相が辞任したいきさつは、マスコミが面白おかしく取り上げています。確かにあの発言は人を見下し、お上のお達しと言えるでしょう。面白いのは、村井宮城県知事との会見で、遅れたことに腹を立てた発言の後で、録画されているにもかかわらず、「最後の言葉はオフレコで、書いたらその社は終わりだぞ」とマスコミを恫喝したことです。そう言われて黙って引き下がるマスコミ各社ではないでしょうに。発言した翌日までは、「まちがったことは言ってないので辞任はしない」としていたのに、5日には一転個人的な理由で辞任です。これまた、国会運営を理由にも挙げているようです。与野党の中には、「松本さんはあんなことを言う人ではないのに」と、同情論もあるようです。復興相就任時にPPM(ピータ・ポール&マリー)の歌である「私の試練」を引き合いに出して「私の真意を読み解け」と言っています。これを、自民党の谷垣総裁が「私の試練はすぐに終わってほしい、との意味だから、覚悟の発言ではないか」と、言っています。それは、あまりにも好意的な見方でしょう。私は単なるあの方の人格のなせる技と思っています。今まで猫を被っていたのが、化けの皮が剥がれただけでしょう。

 4日には、発言すべてをとりあげていないことにも不満を漏らしていました。真意が伝わっていないということのようです。しかし、言葉というものは、たとえ部分的であれ、口から出た以上意味を持つものになります。それは発言した人の感覚ではなく、受けた人の感覚で意味が伝わるからです。中身は違いますが、いじめもいじめた人にいじめという感覚がなくても、受けた人がいじめられたと受け取れば、それはいじめになるのとよく似ています。言の葉は人を勇気づけもし、傷つけもします。たとえ部分的な言葉であっても、ひとたび口から出たらその内容には責任を負わなければなりません。政治家であればなおさらでしょうが、今の政治家にはその覚悟が見当たらないのが残念です。

タカネスミレ(2011年7月2日 秋田駒ケ岳・焼走り) 久しぶりに秋田駒ケ岳に行きました。雪は少ないのに、花にはやや早い感じがします。焼走りは、タカネスミレが咲き終わると、一面にコマクサが咲き始めるところです。

110702

| コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »