« アカヤシオ | トップページ | 菅総理がようやく国の責任に言及しました »

2011年5月 8日 (日)

浜岡原発停止への菅総理の言葉

 菅総理大臣は5月6日(金)夜の記者会見で、中部電力に対し、浜岡原発の運転停止を要請したことを発表しました。東海地震や津波への対策不足から、重大な事故が発生するおそれがあるというものです。なるほど、そのとおりでしょう。相当前から浜岡原発は東海地震の震源のど真ん中にあるということが指摘されてきていたのですから、運転停止は当然とも言えます。ですが、記者会見の様子を見ていて釈然としないものを感じました。会見では、最初に総理大臣として中部電力に要請したと言い、その理由として「文科省地震本部の評価では、30年以内にM8以上の地震が発生する確率が87%で、きわめて切迫している」としています。私が、最初に不思議に感じたのは「総理大臣として」という言葉でした。総理大臣は政府のトップです。日本政府はそれまで原発は安全で、浜岡に対してもお墨付きを与えてきています。浜岡の運転停止は、今までの日本の政策の大転換に結びつきかねません。その反省がないままに、いきなり運転停止要請ですか。

 菅総理は、今までの自民党政府がやってきたことだとでもいうのでしょうか。総理大臣というものは、政権が変わってもその責任を引き継ぐものです、革命であれば別ですが。今まで原発を推進してきた反省がまったくないのです。とくに、民主党は原発を推進してきた電力総連の支持を得ているのではないですか?原発輸出を促進してもきました。菅総理は言葉が足りないということは、よく言われていることですが、私から見れば説明に起承転結がないのです。結論しかありません。結局、言葉で人を説得できる人間ではないということでしょう。運転中止の要請で、菅総理の側近は「国民は支持する、市民運動出身の首相として本領を発揮した」と言ったとか。ばかですねえ、市民運動家のレベルはこんなものだとさらけ出しているようなものです。こんな人を総理大臣に頂くことは、この上なく恥ずかしいですね。

ヒカゲツツジ(2011年4月29日 群馬県・三ツ岩岳) 先日のアカヤシオを撮った山と同じ山です。アカヤシオのピンクをバックにしています。

110429

« アカヤシオ | トップページ | 菅総理がようやく国の責任に言及しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アカヤシオ | トップページ | 菅総理がようやく国の責任に言及しました »