« 山菜三昧 | トップページ | 不信任騒ぎのバカバカしさ »

2011年5月31日 (火)

東電と尾瀬(2)

 以前、東電が尾瀬国立公園の4割を保有しており、福島原発などの一連の事故により、所有地を売却するのでは、という危惧を述べておきました。その後、群馬県が東電に対し、尾瀬の売却をしないように要請したといいます。それに対して東電は、売却の意思はなく、必要最小限の整備・保護は続けると言われたそうです。東電が保有している土地のほとんどは群馬県に属しています。群馬県が東電に要請した内容の詳細は報じられていませんので、憶測でものを言うよりほかにはないのですが、群馬県は尾瀬の保護にそれなりの負担を負うつもりでしょうか、それとも東電におんぶにだっこなのでしょうか?もちろん今まで群馬県が尾瀬に対して何もしていないなんて言いません。しかし、東電にそのように申し入れるのなら、「群馬県としても応分の負担をするので、ともに尾瀬を守っていきましょう」とでも言ってくれていたらいいのですが・・・。

 東電が事故や損害賠償で、これからどのくらいの費用がかかるかわかりませんが、国家予算の1/10程度の費用がかかるのではないでしょうか。当然ながら遊休資産の売却やリストラを進めることでしょう。それでも、国策会社とはいえ一企業の手に余るものでしょう。尾瀬は一度訪れればわかるのですが、国の宝、県の宝といっても良い自然が残っている場所です。だらしない国はともかくとして、わが群馬県としても出来る限りの手を打ってもらいたいと思います。新知事さん、群馬県民としてお願いします。そうしないと次の知事選で票を入れないぞーー!

ワタスゲ(2006年7月8日 尾瀬ヶ原) 燧ケ岳を望む広大な尾瀬ヶ原のワタスゲです。これだけ広大な高層湿原は我が国最大のものです。東電の保護活動には頭が下がります。

060708

« 山菜三昧 | トップページ | 不信任騒ぎのバカバカしさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山菜三昧 | トップページ | 不信任騒ぎのバカバカしさ »