« 地震と井戸 | トップページ | つくば市の放射能検査要求 »

2011年4月15日 (金)

外国人の日本離れ

 東日本大震災以来、外国人が日本から脱出する事態が続いているようです。主な原因は福島原発でしょうが、地震のない国から来た人たちは、余震に怯えているということもあるのでしょう。我が社の近くの中華料理屋も、震災の後、急に休んでしまいました。日本を脱出して、安全?な中国に帰ったとの、もっぱらの噂です。吉野家では200人も外国人が辞めたとか。でもねえ、東京が本当に危険でしょうかねえ。福島原発から200kmも離れていますよ。お宅の国のほうがよっぽど危険と思いますが、違いますかね。日本政府の対応が悪いとか、東電が情報を隠蔽しているとか、いろいろと言っているようですが、彼の国の政府や企業、役人に比べればまだましでしょう。情報統制や差別・人権侵害など、我が国の比ではないでしょう。砂漠の真ん中でどんどん核実験をやったのはどこの国でしょうかね。

 アメリカは原発から80kmは危険と言っているようです。フランスは、一時自国民を退避させるようにしたようですが、今は落ち着いています。まあ、妥当なところでしょう。ロシアは、東電が低濃度の放射能を含んだ水を海に放流したことに抗議しました。確かに褒められたことではありませんし、通告が遅れたこともあります。でも、ウラジオストックで原子力潜水艦か何かの放射能水を大量に垂れ流したのはどの国でしたっけ。まあ、どの国も自分の国のしたことには頬かぶりをするのでしょうがね。それにしても、あの中華料理屋の逃げ足の速さには驚きました。あんな店、もう二度と行くものか!!

タチツボスミレ(2011年4月10日 家の庭で) 先々回のエイザンスミレと同様、スミレの中では早く咲く花です。一番目につくスミレでもあります。

110410

« 地震と井戸 | トップページ | つくば市の放射能検査要求 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地震と井戸 | トップページ | つくば市の放射能検査要求 »