« つくば市の放射能検査要求 | トップページ | アカヤシオ »

2011年4月26日 (火)

天下の暴論-年寄りは好きにさせたらいい-

 福島原発から20km圏は警戒区域とされ、立ち入りが禁止されました。しかし、着の身着のままで避難を余儀なくされた人たちは、荷物を取るなどのために一時的に帰宅を要望していました。政府はようやくその期待にこたえるべく、5月の連休明けに一時帰宅を認めるそうです。しかし解せないのは、15歳未満や高齢者は認めないということです。また食品や家畜の持ち出しも認めないとか・・・。15歳未満はともかく、お元気な高齢者は一時帰宅を認めたらいいでしょうに。その地区に長く住まわれて、最も愛着を持っている人はお年寄りでしょう。高齢者が何歳以上を言うかは知りませんが、一番家に帰りたい人たちを無視しているような気がします。いいではないですか、一時的であれば帰宅を認めても・・・。もっと言わせてもらえれば、大きな影響がない範囲で自宅に住むことも認めたらいかがでしょう。

 だいたい放射線量の基準値が一律であることがおかしいのです。WHOは1年間に浴びる放射線の量を1ミリシーベルトにしているとか。そもそも、環境基準などもそうですが、健康に対する基準というのは、その基準値の物質を一生涯(70年程度)摂取し続けても、害が生じる確率は1/10万程度で設定しています。おそらく、放射線量もそうでしょう。そうだとすれば、幼児ならいざ知らず、お年寄りは70年も摂取し続けることはあり得ないのですから、弾力的に運用してもいいではないですか。年寄りの私が言うのですから認めていただきたいものです。60歳以上(50歳以上でもいいかな)は例外基準を設けてください。

オダマキ(2011年4月17日 家の庭で) 先回ヒトリシズカをお見せしたので、今回はシャレのつもりでオダマキです。

110417

« つくば市の放射能検査要求 | トップページ | アカヤシオ »

コメント

同感です
母は80歳、一時帰宅に同行するつもりですが、高齢者で本当にNGだすのでしょうかね?

投稿: | 2011年4月29日 (金) 13時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つくば市の放射能検査要求 | トップページ | アカヤシオ »