« 生コン圧送機に思う | トップページ | 東電がんばれ! »

2011年3月29日 (火)

日常と非日常

 3月11日の大地震以来、私は数日間は現実味が乏しい非日常の日々が続きました。もちろん、被災地では今持って非日常と思われるような日々が続いていることでしょう。3万人を超える死者・行方不明者がでてていることは、とても現実とは信じられません。それも、わずか1時間程度のことなのですから。その後さらに原発事故の追い打ちです。このままではチェルノブイリをはるかに超える事故となる可能性がある様です。キャベツの出荷停止を受けた福島県の農家の方が自殺されたとか、酪農農家が牛の面倒をみるために帰っているとか、これからどうなるのか誰もわからない状態です。

 しかし、いつまでも非日常の状態に浸かっているわけにはいきません。この災害から立ち直るためには、経済を復活させ、それだけの体力をつける必要があるのですから。日常に戻れる人は積極的に日常生活を営もうではありませんか。それが復興の近道になるはずです。選抜高校野球が始まっています。巷では、いろいろな催しが自粛されています。自粛すべきものもあるでしょうが、萎縮すべきではないと思います。節度をわきまえたうえで、祭りや催しを実施してはいかがでしょうか。

カモシカ(2011年3月26日 安中市・高戸谷山) 久しぶりに、林道を歩いて頂上に達するような山に行ってきました。頂上直下でみたカモシカです。足跡がいっぱいあって、イノシシかなと思っていたのですが、まさかカモシカとは・・・。

110326

« 生コン圧送機に思う | トップページ | 東電がんばれ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生コン圧送機に思う | トップページ | 東電がんばれ! »