« 火山噴火 | トップページ | わが群馬の地域ブランド力 »

2011年2月10日 (木)

天下の暴論-役人の頭-

 役人の役人たるゆえんは責任をとらないことだとよく言います。まあ、万人に一人くらいきちんと責任をとるような立派な役人もいるとは思いますが、大方は無責任な人ばかりでしょう。もちろんそのような人は民間にもあまたいるわけですが、その比が役人のほうがはるかに多いと感じますね。改正土壌汚染対策法の第4条は、3,000m2以上の土地改変を行う場合は、着手30日前までに都道府県知事に届け出て、都道府県知事は土壌汚染のおそれがある場合は土地所有者などに調査命令を出すという決まりがあります。では、土壌汚染のおそれがない場合は、調査は不要ですとの通知がくるのでしょうか。環境省の自治体向けQ&Aでは「そのような通知は、後で土壌汚染が判明した時に命令が出せなくなるから慎重に判断しろ」との答えです。では、30日たっても命令が出ない場合は着手してもよいかと言うと、着手後に命令が出されることもあるとのことですから、困ってしまいますね。

 役人の無責任さがよく出ている文章です。私はよく役人には、頭のいい役人、頭の悪い役人、小利口な役人がいるといっています。最も多いのは小利口な役人でしょう。上記の環境省の役人はその典型でしょうね。このような役人と、わが社の社員は日夜戦い続けているのです・・・。ごめんなさい、お役人様・・・。

スイセン(2011年1月29日 安中市の中山道沿いで) 道端の日向に咲いていたスイセンンです。そろそろ梅も咲き始めるでしょう。春が待ち遠しいこのごろですが、また明日から雪模様になるとの予報です。

110129

« 火山噴火 | トップページ | わが群馬の地域ブランド力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 火山噴火 | トップページ | わが群馬の地域ブランド力 »