« わが群馬の地域ブランド力 | トップページ | 土壌汚染対策法施行規則の改正 »

2011年2月18日 (金)

政治不信ここに極まれり

 鳩山前首相が沖縄の基地移転でのっぴきならなくなった時、「米軍の抑止力が必要」と言ったことを、「あれは方便であった」と言ったとか・・・。へえ~、方便で人をだますのが鳩山の政治ですか。と思えば、現首相は元党代表に離党を勧めておきながら、処分は党員資格停止とか。へえ~、言うこととやることが違うのが管の政治ですか。離党を進めるのなら、離党勧告処分が適当でしょう。とおもえば、管のやることが気に食わないからと、小沢系の新米議員16人が、会派離脱するといいます。まったくわかりませんね。会派とは、党が構成するものではないのですか?それが政党政治というものでしょう。会派離脱するのなら、離党するのが当たり前ではないのでしょうか。

 もともと、民主党は団結する力などなかったのでしょう。少なくとも自民党はダメな割にはまとまっていたような気がするのは、欲目ですかね。考えたら、もう政党というものの役割は終わったのかもしれません。選挙の時も無党派層が過半数を占めるようになってきたでしょう。でも、本当にそれでいいのでしょうか。無党派層は一時的に国を動かすことができても、計画だてて国を作るなどということはできないでしょう。世の政党よ、私にもよくわからないのですが、まったく新しい姿に生まれ変わらないと、あなた方はおろか国そのものが滅びるような気がしますよ。

石垣の雪模様(2011年2月12日) 家の前は道路になっていて、その向こうに石垣がそびえています。そのため冬の間は日当たりが悪くなっているのですが、その石垣に雪が降りつもり、まるで多くのお地蔵さんがいるような景色になりました。

110212

« わが群馬の地域ブランド力 | トップページ | 土壌汚染対策法施行規則の改正 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わが群馬の地域ブランド力 | トップページ | 土壌汚染対策法施行規則の改正 »