« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月24日 (木)

土壌汚染対策法施行規則の改正

 昨年の4月に改正土壌汚染対策法および施行規則などが施行されて、間もなく1年になります。昨日(2月22日)、環境省は早くも施行規則の改正案を発表しました。大きくは①自然由来汚染に対する規制緩和、②認定調査における掘削後調査の方法、③5条調査の不備の改正が柱になっています。自然由来の汚染については、旧法では法の対象から外していたのですが、改正法ではきっちりと法の対象にして、土地改変に制限をかけるようになりました。これにあわてたのが国土交通省でしょう。「こんな法律が大手を振って日の目を見たのでは道路ができなくなる~」ということのようです。それはそうでしょう、日本全国自然由来の汚染がある場所はいくらでもあり、掘削などの制限がかけられれば、道路を作るのはかなり難しくなります。

 そこで、環境省は力関係もあり、自然由来の土地については掘削方法などの制限を緩和することにしました。同様に海岸などの埋立地も規制緩和されます。法4条に基づく調査などでも第2種特定有害物質の場合は、調査方法が変わります。しかし、この程度の緩和で国土交通省そのほかの関係省庁が納得しますかね。確かに、自然由来であろうがなかろうが土壌汚染には違いないのですが、小手先の緩和だけで法の運用がうまくいくとは思えません。事態を複雑にするだけと思いますが、いかがでしょうか。都道府県の担当者は戸惑いが大きくなるでしょうね。

オオイヌノフグリ(2011年2月19日 安中市・石尊山) 春まじかになってオオイヌノフグリやホトケノザが咲き始めました。梅も、木や日当たり具合によってはほころび始めています。

110219

| コメント (0)

2011年2月18日 (金)

政治不信ここに極まれり

 鳩山前首相が沖縄の基地移転でのっぴきならなくなった時、「米軍の抑止力が必要」と言ったことを、「あれは方便であった」と言ったとか・・・。へえ~、方便で人をだますのが鳩山の政治ですか。と思えば、現首相は元党代表に離党を勧めておきながら、処分は党員資格停止とか。へえ~、言うこととやることが違うのが管の政治ですか。離党を進めるのなら、離党勧告処分が適当でしょう。とおもえば、管のやることが気に食わないからと、小沢系の新米議員16人が、会派離脱するといいます。まったくわかりませんね。会派とは、党が構成するものではないのですか?それが政党政治というものでしょう。会派離脱するのなら、離党するのが当たり前ではないのでしょうか。

 もともと、民主党は団結する力などなかったのでしょう。少なくとも自民党はダメな割にはまとまっていたような気がするのは、欲目ですかね。考えたら、もう政党というものの役割は終わったのかもしれません。選挙の時も無党派層が過半数を占めるようになってきたでしょう。でも、本当にそれでいいのでしょうか。無党派層は一時的に国を動かすことができても、計画だてて国を作るなどということはできないでしょう。世の政党よ、私にもよくわからないのですが、まったく新しい姿に生まれ変わらないと、あなた方はおろか国そのものが滅びるような気がしますよ。

石垣の雪模様(2011年2月12日) 家の前は道路になっていて、その向こうに石垣がそびえています。そのため冬の間は日当たりが悪くなっているのですが、その石垣に雪が降りつもり、まるで多くのお地蔵さんがいるような景色になりました。

110212

| コメント (0)

2011年2月14日 (月)

わが群馬の地域ブランド力

 日経リサーチが実施した地域ブランド力の調査結果が日経新聞(2月11日)に載っていました。「住みたい」とか「行きたい」とか名産品があるとか「愛着度」、「独自性」などが評価の対象になったようです。県別では、1位は北海道で、次いで京都、沖縄、東京、神奈川の順です。都市別では1位が京都で、次いで横浜、鎌倉の順です。名産品では、1位が讃岐うどん、2位は辛子明太子です。さて、最下位はどこかというと、これがわが群馬県なのですねえ。ブービーは島根県です。失礼ですねえ、わが群馬を最下位にするとは・・・。まあ、たしかに、名産品など私が思いつくものは磯部煎餅とラスクぐらいしかないですがね。その磯部煎餅も会社に持っていったら不評でした。私は気に入っているのですが・・・。

 でも、私は3年ほど前に5位の神奈川県から群馬県に移り住んだのです。住民票を移した時に、高崎市の出先で「どうして神奈川(その時の住所は川崎ですが、私の本拠は葉山でした)から高崎へ?」と不思議がられたのは事実ですが。葉山に比べれば確かに寒いし、海は無いし。でも、静かだし、季節のメリハリがあるし、何といっても山に近いですし・・・。先週末は雪が降り、榛名山は真っ白になりました。それでも、もうすぐ榛名の梅林は梅の香りに包まれることでしょう。我が家の庭にも、オキナグサ、シュンラン、フクジュソウなどが芽吹いています。私は、ここが大好きになっていますし、ここに骨を埋めるつもりです。

雪のサザンカ(2011年2月12日) 高崎にも2cmほど雪が積もりました。雪国の人には申し訳ありませんが、たまに降る雪はきれいなものです。日曜日には融けてしまいました。

110212

| コメント (0)

2011年2月10日 (木)

天下の暴論-役人の頭-

 役人の役人たるゆえんは責任をとらないことだとよく言います。まあ、万人に一人くらいきちんと責任をとるような立派な役人もいるとは思いますが、大方は無責任な人ばかりでしょう。もちろんそのような人は民間にもあまたいるわけですが、その比が役人のほうがはるかに多いと感じますね。改正土壌汚染対策法の第4条は、3,000m2以上の土地改変を行う場合は、着手30日前までに都道府県知事に届け出て、都道府県知事は土壌汚染のおそれがある場合は土地所有者などに調査命令を出すという決まりがあります。では、土壌汚染のおそれがない場合は、調査は不要ですとの通知がくるのでしょうか。環境省の自治体向けQ&Aでは「そのような通知は、後で土壌汚染が判明した時に命令が出せなくなるから慎重に判断しろ」との答えです。では、30日たっても命令が出ない場合は着手してもよいかと言うと、着手後に命令が出されることもあるとのことですから、困ってしまいますね。

 役人の無責任さがよく出ている文章です。私はよく役人には、頭のいい役人、頭の悪い役人、小利口な役人がいるといっています。最も多いのは小利口な役人でしょう。上記の環境省の役人はその典型でしょうね。このような役人と、わが社の社員は日夜戦い続けているのです・・・。ごめんなさい、お役人様・・・。

スイセン(2011年1月29日 安中市の中山道沿いで) 道端の日向に咲いていたスイセンンです。そろそろ梅も咲き始めるでしょう。春が待ち遠しいこのごろですが、また明日から雪模様になるとの予報です。

110129

| コメント (0)

2011年2月 7日 (月)

火山噴火

 1月26日に霧島連山の新燃岳が噴火して、12日が経ちました。火口から3kmは立ち入りが禁止されています。一時的に出された避難勧告は解除されたようですが、今もなお爆発的な噴火は続き、2000mから3000mもの高さに噴煙を上げています。初めのころのTV中継では、火山灰は粗粒のものが多かったように見受けられたのですが、近頃のTVでは埃のような細粒の火山灰が多いようです。1977年に、北海道の有珠山が噴火した時の降灰は極めて細かく、札幌にまで達しました。噴火の後で雨が降り、灰がセメントのごとくかたまってしまったのを覚えています。

 我が家がある高崎市のはずれは、新第三紀中新世の板鼻層と呼ばれる礫岩・砂岩・泥岩を基盤としていますが、その上位をおよそ1万年前の榛名山の火砕流堆積物が覆っています。また、利根川に沿う高崎市街は2.4万年前の黒斑火山(浅間山の前身)の泥流堆積物が広く分布しています。浅間山は新燃岳と同じ活火山ですから、もし大噴火が起こったら、少なくとも我が家の庭には火山灰が降り積もることでしょう。我が国は火山国であり、火山と関係なく暮らせる地域はほとんどないといえます。仲良くとはいきませんが、火山と共生する方法はないのでしょうか。

洞爺湖にたまった有珠火山噴火の軽石(1977年8月10日 洞爺湖北岸から) 有珠山の噴火では、灰や軽石を大量に噴出しました。まるで上を歩けそうなほどです。洞爺湖に浮いた軽石はかき集めて、湖を一部埋め立てています。札幌から洞爺湖温泉に入る左側の埋め立てられた湖岸は、いま駐車場になっています。

770810

| コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »