« 土壌汚染調査技術監理者試験(3) | トップページ | 寒い~~!! »

2011年1月28日 (金)

土壌汚染調査技術管理者試験(4)

 技術管理者試験の合格者が発表になりました。受験した人たちは悲喜こもごもでしょう。わが社でも7人ほどが受験したのですが、何人合格したのやら。全体での受験者数は5554名で、合格者は1055名、合格率は19%と、私が予想した30%を大きく下回りました。合格基準は65点(100点満点で)とのことで、調査・対策・法令の分野ごとに3割以上の正答率がないとだめなようです。一般論を言えば、最初に実施される試験は合格率が高いものです。問題の予想が難しく、またその資格を認知させるための戦略ともいえますが・・・。その点では、この試験は一般的ではないのでしょうね。

 しかし、先回のブログにも書きましたが、問題の出来が悪いのに、その点を考慮せずに合格ラインを65点に設定したのは、環境省は何の反省もしていないということでしょう。私が調べて問題があるものは14問に及んでいます。仮にこの半分の7問が不備がある問題とすると、7問/85問の8点分(100点満点で)に相当するわけです。この分を採点から除外するか、あるいは全員8点を上乗せするかしないと、公平な採点にはならないというのが私の考えです。暴論でしょうかね。

カンヒザクラ(2004年1月24日 那覇市内)本当に寒い日が続きます。我が家の庭の池には5cmの氷が張っていて、私が乗っても割れません。榛名山の榛名湖では3年ぶりに氷上でのワカサギ釣りが解禁になりました。

040123


« 土壌汚染調査技術監理者試験(3) | トップページ | 寒い~~!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土壌汚染調査技術監理者試験(3) | トップページ | 寒い~~!! »