« 小沢君の往生際 | トップページ | 裁判員裁判と死刑判決 »

2010年11月11日 (木)

尖閣諸島のビデオ流出

 月曜日から昨日(水曜日)まで、全地連などが主催する講習会の講師として、福岡・大阪・名古屋を回ってきました。少々風邪気味で微熱があり、喉も痛かったのですが、何とか日程をこなしました。その間TVでは尖閣諸島のビデオ流出のニュースでもちきりでした。間違いなく意図的な衝突で、誰が見ても事故などとは言えないでしょう。中国では、自衛のための衝突などと言う意見も出ているようです。衝撃的なビデオの後は、誰が流出させたかということでまたまたニュースがやかましかったですね。結果論からいえば、早い遅いはあってもいずれあの映像は出たでしょうから、良かったのではないですか。あれが、国家機密に当たるとか当たらないとか、いろいろな意見も出ています。でも、国民が知りたかったことであることは確かでしょう。国益のため、国民の知る権利にふたをするのはいかがなものでしょうか。もし本当に国益優先で映像を秘匿するつもりなら、国会議員にも見せるべきではないでしょう、見せた結果、その内容が明らかになり、国民は余計知りたくなったのですから。

 流出させた海上保安庁の職員には、拍手喝さいを送る人も多いそうです。上司に悩んで告白した様ですが、悩むことはないでしょう。確信犯として堂々としていてもらいたいです。裁判でも、本当に国家機密に相当するのかどうか争っていただきたい。だいたい、国が公開しない理由は「捜査資料である」ということですが、船長・船員は全部釈放してしまっているのですから、起訴もできないだろうし、裁判にもならないでしょう。公開しないのは屁理屈と言うものですよ。42歳の海上保安官、がんばりなさい。でも、人様に迷惑をかけたことですから、その責任は何らかの形で取るべきでしょうね。しかし、卑屈になってはいけません、確信犯は堂々としていなければ・・・。

イナカギク(2008年11月2日 群馬・妙義山) もう撮る花が少なくなって、紅葉やキノコばかりでは飽きられてしまいますね。2年前の写真ですが、妙義山の登り口付近に咲いていたものです。

081102

« 小沢君の往生際 | トップページ | 裁判員裁判と死刑判決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小沢君の往生際 | トップページ | 裁判員裁判と死刑判決 »