« 自衛隊は暴力装置か | トップページ | 社会保障と税金 »

2010年11月24日 (水)

北朝鮮のこと

 もう、うんざりしていますが、北朝鮮は国家ではないのでしょう。酋長か占い師が絶対的な権力を誇っている部落の類でしょう。それとも、北朝鮮の上の”指導者”連中は、人ではなく動物なのでしょう。人は行動する時に理性が働きますが、動物は本能のままに動きます。どうも北朝鮮は動物のようにも見えます。北朝鮮の海岸から10kmしか離れていない、人が住む島に200発近くの砲弾を撃ち込んだというのですから、これはもう無差別攻撃でテロと同じでしょう。それも、どうやら指導者連中の承認のもとで行われたようですから、”ケモノ”としか言いようがないですね。韓国は、北朝鮮を同胞と思って経済支援・食糧支援を行ってきたわけですが、その国の国民に向かって砲弾を降り注ぐ愚を犯しました。

 しかし、わずか10kmしか離れていない島に何千人かの人が住んでいて、それがこのような脅威にさらされるのですから、韓国も油断していたとしか言えないでしょう。それにしても日本は対岸の火事のようです。北朝鮮は、日本を射程距離内にとらえるミサイルを大量に保有しているのです。その対策は進んでいるのでしょうか?同じことを我が国にしないと言い切れるでしょうか?自衛隊を暴力装置と言った人はよく考えてもらいたいですね。

アワコガネギク(2010年11月20日 群馬県南牧村にて) 冬を目前にして花の写真も種切れに近いですね。桧沢岳という山の登山口に咲いていた花です。

101120

« 自衛隊は暴力装置か | トップページ | 社会保障と税金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自衛隊は暴力装置か | トップページ | 社会保障と税金 »