« 中国のこと | トップページ | 税務署その2 »

2010年10月 5日 (火)

毒キノコ

 墨田区の錦糸公園の祭りで、食用のクリタケと間違えて毒キノコのニガクリタケを売ってしまったとの記事が新聞に載っていました。後ほど3パックは回収したけれども後の1パックは未回収だそうです。クリタケとニガクリタケは、クリタケのほうが茶色っぽく、ニガクリタケはくすんだ黄色のことが多いのですが、見分けにくいことがあるキノコです。分からないときは、かんで見ることです。名前のごときニガクリタケは非常に苦いですから。しかし、売った人は長野県の販売業者だそうですが、「その位見分けて販売しろよ」と言いたいですね。東京のど真ん中で、クリタケとニガクリタケを見分けられる人がいるとは思えませんので。

 死に至るような毒キノコは多分20種ないでしょう。ニガクリタケも死ぬことは少ないのですが、食中毒状にはなるでしょう。私もキノコ採りが好きで、先週も榛名の山の中に山登りと兼ねて行ってきました。採れたキノコはハナイグチ、ヤマイグチ、チョウジチチタケ、マスタケなどです。分からないキノコは違う袋に入れて持ち帰るか写真に撮り、帰ってからキノコ図鑑を調べたり、かじってみたりするのですが、結局は捨てることが多いですね。大量に採れたのはチョウジチチタケです。このキノコはキノコ図鑑では辛い乳が出て食毒不明となっていますが、一晩水でさらすと辛みがなくなり、うどんに入れるといいだしと香りがします。マスタケは立ち木にサルノコシカケのごとく生えているキノコで、柔らかい部分をバター炒めにしたり、ゆがいてあえ物にしたりします。あまりおいしいとは言えませんがね。まあ、食毒不明のキノコを何とか工夫して食べてみるのも楽しみといえますかね。

マスタケ(2010年10月2日 榛名・二ツ岳) 登山道の脇の木に生えていたものです。魚のマスの色をしています。3株くらいありましたが、そのうちの一株を持ち帰りました。

101002

« 中国のこと | トップページ | 税務署その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国のこと | トップページ | 税務署その2 »