« 中国の反日デモ | トップページ | 小沢君の往生際 »

2010年10月29日 (金)

100円の督促状がきました

 前に2回ほど書いたのですが、年金の所得税を払わずにいたら、出頭通知が来て所得税と延滞金を払わされました。そのあとで延滞の加算税も、税率15%(12,000円)で徴収されてしまいました。もっと面白いのは、所得税を納めたときに延滞金も払い、領収書も貰っていますが、10日ほど後に計算違いで100円足りなかったので、「金融機関に行って振り込め」との通知がきました。あまりの腹立たしさに、高崎税務署に電話して、「間違ったのはそっちだ、絶対に払わない」と言ってやりました。そしたら、昨日督促状がきました。とられた延滞金は1,600円で、100円足りないからと、郵便代と通知書の印刷代をかけ、払えというのですから、開いた口がふさがりません。民間の感覚ですと、 1,600円と言われて物を買い、後で「店員が値段を間違っていましたので100円振り込んでください」と言いますかね。どうしても欲しいのなら、頭を下げてもらいに来るべきです。通知書を送りつけ振り込めというのはあまりに高圧的でしょう。

 今、土壌汚染対策法を解析しています。この法および通知の中では、「申請することができるとした」(施行通知12P)、と書いてあります。また、4条調査・5条調査での命令書に記載された物質以外のものは調査対象にしなくてもよい(施行規則第3条第2項二)となってはいますが、施行通知では地歴調査で判明した物質は追加して調査するよう求めており、追加しないと再度調査命令を出すぞと脅しています(施行通知25P)。つまり法に関する文面で「・・・することができる」などと、実施する者の自主性を尊重するようなことが書いてあっても、実際は「しなければならない」と言う意味になるのですね。法律は日本語ではないといいますが、まったくその通りでしょう。こんな税務署の役人とのやり取りや、法律の文章を読んでいると、本当は役人が正しくて私の頭がおかしいのではないかと疑い始めてしまうこのごろです。

黄葉(2010年10月23日 上信国境・鼻曲山) たった2枚の葉っぱが陽の光にきらきらと輝いていました。紅葉・黄葉の写真は大変難しいのですが、良く考えもせずに思わずシャッターを切った1枚です。

101023

« 中国の反日デモ | トップページ | 小沢君の往生際 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国の反日デモ | トップページ | 小沢君の往生際 »