« 税務署に呼び出されました | トップページ | 中国のこと »

2010年9月24日 (金)

検事の犯罪

 世の中すごいことが起きるものです。大阪地検特捜部の主任検事が、証拠となるフロッピーディスクを改ざんしたというのですから。本人は、「あれは事故で、故意ではない」と言っているようです。検事としては言い訳が下手ですね。改ざんソフトを組み込んだ私物のパソコンを職場に持ち込み、日付が変わる様に操作したのですから、これは故意以外の何物でもないでしょう。事故で勝手に日付が変わりますか?本人が意図的に操作を行わなければ日付が変わることはないのです。現職の検事が、これを故意と言わずに事故というのですか。まあ、警察の横暴はある程度知ってたつもりですが、検察もひどいことをするものです。

 これは犯罪に相当し、それも組織ぐるみといえるでしょう。改ざんの報告を受けた前部長が、ミスとして承認したというのですから。それも、新聞記者に、逮捕はいきすぎだと言ったそうです。前田検事と一緒に担当した検事はミスに気付き、公表するように前部長に言ったそうですが無視されたようです。どちらにしろ証拠となりうるものを、検事がいじること自体犯罪といえるでしょう。犯罪を裁く立場にいるものだからこそ、けじめはきちんとつけてもらいたいですね。

ハナビラタケ(2010年9月19日 上信国境・鼻曲山) そろそろカラマツ林にイグチが出るだろうと鼻曲山に行ったのですが、イグチはとれずにその代わりハナビラタケの大株をとりました。ちょっと珍しいカノシタも結構な量がとれて、今年初めてキノコの大漁となりました。写真のハナビラタケは長いほうで40cmくらいあります。

100919

« 税務署に呼び出されました | トップページ | 中国のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 税務署に呼び出されました | トップページ | 中国のこと »